コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もぐさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

もぐさ

キク科の多年草ヨモギの乾燥した葉をつき砕き,葉身部を取除いた腺毛,毛などの塊をいう。に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もぐさ
もぐさ / 艾

海岸、山地、高山に自生するキク科の多年草ヨモギの別名であり、これから得られる漢方薬「艾葉(がいよう)」の別名としても知られる。また、一般には灸(きゅう)術の施術の際に燃焼させる綿状の材料をさす。もぐさを用いる灸術は、古代中国において実用化したもので、数千年の歴史をもつといわれる。灸術において、もぐさが用いられてきた理由としては、(1)他の物質に比して燃焼温度が低い、(2)気体を含んで軽く、さまざまな大きさや形に簡単に変形できる、(3)持ち運びに便利、(4)中国および日本では広範囲に容易に入手できるなどがあげられる。[井上雅文]

製法

ヨモギは高さ50~100センチメートルくらいに成長すると、全体にあった白色の毛は葉の下面だけになる。これらを採取し、陰干しにして乾燥させ、臼(うす)でよく搗(つ)くと、葉肉、葉脈は細粉となり、葉裏の長い丁字毛はもつれて綿状の塊となる。これを篩(ふるい)にかけて毛だけを分取したものが「さらしもぐさ」または「熟艾(じゅくがい)」とよばれ、灸術に使用される材料となる。
 小倉百人一首の藤原実方(ふじわらのさねかた)の歌に「かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしもしらじな燃ゆる思ひを」というのがあるが、この「さしも草」とは「もぐさ」のことである。また、この歌に詠まれた伊吹の里は下野(しもつけ)国の伊吹山の裾野(すその)(栃木市川原田(かわらだ)町)をさしている。やがて江戸時代以後になると滋賀県伊吹山麓(さんろく)の「切りもぐさ」が有名となった。現在の主産地は新潟県である。[井上雅文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のもぐさの言及

【灸】より

…もぐさを皮膚の特定の部位(これを〈つぼ〉という)に置き,これを燃焼させて適当な熱刺激を与え,これによって生体の違和を除き,自然治癒力を促進させ,病気を治す療法。〈やいと〉ともいう。…

【ヨモギ(艾∥蓬)】より

…古くはヨモギの代りに,ハハコグサを用いていた。また,夏,葉のよく茂った時期に,葉を刈り取って乾燥し,臼でつき,綿毛を集めたものを〈もぐさ〉といい,灸(きゆう)の材料とする。中国でも古くから薬用とされており,ヨモギナA.lactiflora Wall.は甜薬子(てんやくし)といい,食用にもされてきた。…

※「もぐさ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

もぐさの関連キーワードヤイトムシ(灸虫)掛絡・掛落・掛羅ヨモギ(艾∥蓬)灸頭鍼・灸頭針柏原(滋賀県)焼き草・焼き種ヘクソカズラ痃癖・肩癖蘡薁・蝦蔓浅井[町]温灸療法亀屋佐京後藤艮山駄菓子屋青木角蔵伊吹山伊吹艾標茅原灸頭針商い口

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もぐさの関連情報