コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものか モノカ

デジタル大辞泉の解説

ものか[終助]

[終助]《連語「ものか1」から》連体形に付く。きっぱりと否定する意を表す。「君などに負けるものか」「二度と来るものか
[補説]くだけた話しことばでは「もんか」ともなるが、ともに改まった場や、目上の人に対しては用いない。ていねいに言うときは「ものですか」となる。

もの‐か[連語]

[連語]《形式名詞「もの」+係助詞「か」》
意外なことに感動したり、驚いたりする意を表す。「なるほどそういうものか
「世の中は数なき―」〈・三九六三〉
反語の意を表す。
「かくけしからぬ心ばへはつかふ―」〈帚木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものか

( 終助 )
〔連語「ものか」が一語化して、終助詞として用いられるようになったもの。話し言葉でのくだけた言い方では「もんか」ともなる〕
文末に用いて、活用語の連体形に付く。反語の意を表す。強く反問し、きっぱり否定する気持ちを表す。 「そんなこと知る-」 「ばかにされて、だまっていられる-」 〔丁寧な言い方としては「ものですか」の形が用いられる。これは、同等あるいは目下の者に対する場合には、やや見下した言い方にもなる。「あなたなどに負けてたまるものですか」〕 → ものか(連語)

ものか

( 連語 )
〔形式名詞「もの」に係助詞「か」の付いたもの〕
文末に用いられる。
強い驚きや感動の意を表す。 「心なき鳥にぞありけるほととぎす物思ふ時に鳴くべき-/万葉集 3784」 「乳をひねり給へりければ、御顔にささと走りかかる-/大鏡 兼家
強い反語の意を表す。 「はじめより長く言ひつつ頼めずはかかる思ひにあはまし-/万葉集 620」 「人ばなれたる所に心とけていぬる-/源氏 夕顔」 「かかる所にて御牛をばおふ-/徒然 114」 〔の用法は中古までで、のちにはの用法中心に用いられ、終助詞化していった〕 → ものか(終助)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ものかの関連キーワード御手並み拝見・御手並拝見死んで花実が咲くものか度度・寄り寄りretweet如何なものかうんてれがん有ろうことか我劣らじとそもやそも織り延べ絹堪るものか花実が咲く食べず嫌いうりずん追っ付く形式名詞耳を聞く御溜まりまやかし斯く許り

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ものかの関連情報