やせ(るいそう)(読み)やせるいそう(英語表記)Emaciation

翻訳|emaciation

家庭医学館「やせ(るいそう)」の解説

やせるいそう【やせ(るいそう) Emaciation】

[どんな病気か]
 やせとは、体重が異常に減っている場合をいいますが、肥満の反対、つまり脂肪だけが減っているということではありません。筋肉など、脂肪以外の組織も減少している状態をいいます。
 ふつうは、標準体重のマイナス20%未満をやせとしています。しかし、人それぞれで、体重がほぼ一定している場合には、標準体重より少ないからといって、すぐ病的だとはいえません。
 むしろ、標準体重より少しやせぎみのほうが、糖尿病や高血圧、高脂血症など、いわゆる「生活習慣病」にかかりにくいことがわかっています。
 肥満の場合は、食べる量が消費する量より多いことが大部分ですが、やせの場合は、いろいろな病気が原因となっている場合があります。
 やせの原因は、世界的にみると食料不足によるものが多いのですが、日本では、かつては結核(けっかく)やそのほかの感染症など、伝染性の病気にともなっておこるやせ(外因性)が問題でした。
 それが現在では、がんや内分泌(ないぶんぴつ)(ホルモン)の病気、精神や神経に原因がある内因性のものが、原因として重要になってきています。
[原因]
 カロリーの摂取を極端に減らしていないのに、体重の減少が著しいときは、重大な病気が原因となっている場合があります。
 消化・吸収の障害による消化器の病気では、食道、胃、腸、膵臓(すいぞう)、肝臓、胆嚢(たんのう)などの病気によって、やせがおこることがあります。
 からだの中で栄養の利用がうまくいかないとか、代謝が異常にさかんで摂取したエネルギーの消耗がはげしいといった内分泌・代謝に問題がある病気としては、糖尿病(「糖尿病」)と甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)(バセドウ病など(「バセドウ病(グレーブス病)」))が、やせの原因としてよくみられます。
 神経や精神に原因があっておこる精神科で扱う病気としては、神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)(摂食障害(せっしょくしょうがい)(「摂食障害」))が代表的なやせの原因です。
 そのほか、感染症やいろいろながん、外傷、手術などでもやせをおこす原因となります。
[治療]
 なにか原因となっている病気がある場合は、その病気を治療することが先決です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android