コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やれ ヤレ

デジタル大辞泉の解説

やれ[感]

[感]
困難や不安が解消したときに発する語。やれやれ。「やれ、助かった」
喜びを感じたり、意外な幸運を知ったりしたときに発する語。「やれ、うれしや」
呼びかけるとき、注意を引き起こすときに発する語。やあ。おい。「やれ待て」
困難や失敗に気づいたときに発する語。やあ。おや。「やれ、またしくじった」
他人の不幸や不運を知り同情するときに発する語。まあ。やあ。ほんとに。「やれ気の毒な」
(「やれ…だ…だ」などの形で)同類の事柄を二つ取り立てて述べ、同じようなことが頻繁に言われたり行われたりするときにいう語。「やれ敷金だ礼金だと、いろいろ金がかかる」「やれ節句だやれ誕生日だと、お祝いが重なる」
民謡などの囃子詞(はしことば)。

やれ[並助]

[並助]《並立助詞「やら」の音変化か。近世初期の語》二つ以上の事柄を並列する意を表す。…とか…とか。
「和泉国には何ともをかしき名字がある。野尻の―、草部の―と」〈咄・醒睡笑・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やれ

( 感 )
相手に呼び掛けたり注意を促したりする時に発する語。おい。やあ。 「 -打つな蠅が手をすり足をする/八番日記」
ほっとした時、うれしくなった時などに発する語。 「 -、ひと安心」 「 -、うれしや」
あきれたり、困ったりした時に発する語。 「 -、うるさいことだ」
仕事をする時や、歌をうたう時の囃子詞はやしことば。 「それ引け、-引け」

やれ

( 並立助 )
〔「やら」の転か。近世語〕
事物を並べあげるのに用いる。やら。 「和泉いずみの国には何ともをかしき名字がある。野尻の-、草部くさべの-と/咄本・醒睡笑」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

やれの関連キーワード噓と坊主の頭はいったことがないあったぼこしゅもない網代屏風・網代屛風とことんやれ節ほこしゅもないナンセンス文学雨垂れ石を穿つびょうびょう何処の馬の骨四の五の言うユーモリスト破れ蓮・敗荷ちゃらかす為せば成る良しとする筋骨を抜く鉄管ビールちゃっとちんたら四の五の

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やれの関連情報