コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆっくり地震 ゆっくりじしんslow earthquake

知恵蔵の解説

ゆっくり地震

震源域から放出された地震波の周波数分布が、通常の地震よりも低周波側(長周期側)に偏っている特異な地震。低周波地震(low‐frequency earthquake)、スロー地震ぬるぬる地震サイレント地震とも呼ばれる。原因の1つに、ゆっくりとした断層運動があげられる。揺れの強さの割に著しく大きな津波を発生させる津波地震も、その1つと考えられている。規模の大きな余震は、時に二次災害を起こす。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆっくりじしん【ゆっくり地震】

低周波(長周期)に偏った地震波を放出したり、あるいはまったく地震波を出すことなく、非常にゆっくりとした速度で断層のずれが進行する地震。揺れは無感か小さい。ぬるぬる地震。サイレント地震。スロー地震。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゆっくり地震
ゆっくりじしん
slow earthquake

地震動の周期が通常の同規模の地震に比べてはるかに長い地震。低周波微動や、さらに周期の長い超低周波地震、地震動を伴わずにゆっくりしたすべりが続くスロースリップの総称。スロー地震ということもある。沈み込み帯での大地震の震源域は30キロメートルよりも浅いところにあるが、多くのゆっくり地震はこの大地震の震源域のすぐ下のプレート境界でおきている。低周波微動とは、P波やS波が判然としないきわめて微弱な震動を継続的に発生するゆっくりとした地震であり、活動継続時間は数時間から数週間に及ぶことがある。超低周波地震は、これよりもっと周期の長いゆっくりとした地震である。スロースリップとは、地震波を放射しないさらにゆっくりとしたすべりのことをいい、継続時間が数日のものを短期的スロースリップ、数か月から数年に及ぶものを長期的スロースリップとよぶ。通常の地震の際のずれの速度は、毎秒0.5~1メートル程度であるが、スロースリップについてのずれの速度は、活動継続期間全体で平均して、1年間で数センチメートルから数十センチメートル程度である。短期的スロースリップと低周波微動は、時間的・空間的に同期して発生することも多い。また、短期的スロースリップと低周波微動は、潮汐(ちょうせき)変化や他の地震により放射された表面波により誘発されることもある。これは、これらの現象が、わずかな応力変化に対して非常に敏感であることを示唆している。
 ゆっくり地震の発生する場所周辺は、圧力の高い流体の存在が指摘されており、発生への関与が疑われている。[山下輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゆっくり地震の関連情報