コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わらび座(読み)わらびざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

わらび座
わらびざ

劇団名。音楽家演出家原太郎が 1953年に秋田県で創設した。勤労者のための音楽と芸術の創造を目標に,日本の民謡と踊りを中心とした移動公演を行う。 73年,秋田県の田沢湖畔に 1000人収容の劇場を建設,共同生活を始めた。代表作は原の『炎の島』『津軽』『いのちの歌』など。宿泊施設なども備えた劇場周辺は「わらび座の郷」と名づけられ,地域文化振興の場となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わらびざ【わらび座】

共同体生活を営む民族歌舞団。創立者は原太郎(1904‐88),所在地は秋田県仙北郡田沢湖町神代,座員およびその子弟は398人(1983年現在)である。昭和の初め,東北大学の学生であった原は日本プロレタリア音楽家同盟に入り〈民衆の音楽〉をめざすが,第2次世界大戦により中断された。戦後,労組運動により勤務先の昭和石油を追われ,1951年労働者のあいだをまわる楽団海つばめ〉を創設し,楽団は各地を公演した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わらび座
わらびざ

劇団名。1951年(昭和26)作曲家原(はら)太郎(1904―88)が東京・新宿で結成、「楽団海つばめ」の名で、「大衆の広場で、大衆の発想で、大衆の心を」をスローガンに、同志とともに各地を巡演した。ポプラ座を経て、53年本拠を秋田県仙北(せんぼく)市田沢湖卒田(たざわこそつだ)に移し、民族歌舞団わらび座と改称、日本の民謡と舞踊による新しい民族歌舞劇(群舞劇)の創造を目ざした。74年わらび劇場(座席数1000)、翌年わらび会館を完成。96年(平成8)活動の中心をたざわこ芸術村に移し、劇団わらび座と改称。アジア諸国、ブラジルなど海外公演も多い。給料一律支給、医療・教育劇保障による独特の共同生活を営む。代表作は『東北の鬼』『菜の花の沖』『アテルイ』など。[大島 勉]
『及川和男著『わらび座修学旅行』(1987・岩波書店) ▽菅井幸雄著『わらび座ヨーロッパと出会う』(1990・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わらび座の関連情報