コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

んす ンス

4件 の用語解説(んすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

んす[助動]

[助動][んせ・んしょ|んし|んす|んす・んする|んすれ(んすりゃ)|んせ(んし)]《尊敬の助動詞「しゃんす」の音変化》助動詞「しゃんす」に同じ。
「必ずそれまで短気な心持たんすな」〈浄・卯月の紅葉

んす[助動]

[助動][んせ・んしょ|んし|んす|んす|んすれ(んすりゃ)|んせ(んし)]《丁寧の助動詞「ます」の音変化》助動詞「ます」に同じ。
「一盃(いっぺえ)つぎんした」〈洒・甲駅新話〉
[補説]近世の遊里を中心に用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

んす

( 助動 ) ( んせ(んしよ) ・んし ・んす ・んす(んする) ・んすれ ・んせ(んし) )
〔助動詞「しゃんす」の転。近世上方語〕
四段・ナ行変格活用の動詞の未然形に付く。尊敬の意を表す。 「お目のうへの出来物、ちいさいとて其儘おかんすがわるい/浮世草子・諸艶大鑑 1」 「川様、嬉しう思はんしよ/浄瑠璃・冥途の飛脚 」 〔 (1) 元来、遊里で用いられた語であるが、のち一般の女性にも用いられるようになり、さらに男性もこれを用いるようになった。 (2) 接続の上で「さんす」と対応する語で、四段・ナ変以外の動詞には「さんす」が用いられた〕 → しゃんす(助動)さんす(助動)

んす

( 助動 ) ( んせ ・ (んしよ) ・んし ・んす ・んす ・んすれ ・んせ )
〔助動詞「ます」の転。近世遊里の女性語〕
動詞・助動詞の連用形に付く。丁寧の意を表す。ます。いす。 「辰五郎様やあづま様のおしやりんす/浄瑠璃・難波丸金鶏」 「それについてお話しがござりんす/洒落本・遊子方言」 〔 (1) 元来は上方の遊里で用いられた語であるが、のち江戸の遊里、主として吉原で盛んに用いられるようになった。 (2) 江戸では、上に来る動詞の連用形がイ段の一音節の音である場合、その動詞との間に「い」を加え、「いんす」となることがある。「昼まつてゐいんすにえ/洒落本・遊子方言」〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

んすの関連キーワードさんすしゃんすやさんすやしゃんすやんす為ん術にんべん/いとへん/かねへんハーフペンション/フルペンション

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

んすの関連情報