コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

んす ンス

デジタル大辞泉の解説

んす[助動]

[助動][んせ・んしょ|んし|んす|んす・んする|んすれ(んすりゃ)|んせ(んし)]《尊敬の助動詞「しゃんす」の音変化》助動詞「しゃんす」に同じ。
「必ずそれまで短気な心持たんすな」〈浄・卯月の紅葉

んす[助動]

[助動][んせ・んしょ|んし|んす|んす|んすれ(んすりゃ)|んせ(んし)]《丁寧の助動詞「ます」の音変化》助動詞「ます」に同じ。
「一盃(いっぺえ)つぎんした」〈洒・甲駅新話〉
[補説]近世の遊里を中心に用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

んす

( 助動 ) ( んせ(んしよ) ・んし ・んす ・んす(んする) ・んすれ ・んせ(んし) )
〔助動詞「しゃんす」の転。近世上方語〕
四段・ナ行変格活用の動詞の未然形に付く。尊敬の意を表す。 「お目のうへの出来物、ちいさいとて其儘おかんすがわるい/浮世草子・諸艶大鑑 1」 「川様、嬉しう思はんしよ/浄瑠璃・冥途の飛脚 」 〔 (1) 元来、遊里で用いられた語であるが、のち一般の女性にも用いられるようになり、さらに男性もこれを用いるようになった。 (2) 接続の上で「さんす」と対応する語で、四段・ナ変以外の動詞には「さんす」が用いられた〕 → しゃんす(助動)さんす(助動)

んす

( 助動 ) ( んせ ・ (んしよ) ・んし ・んす ・んす ・んすれ ・んせ )
〔助動詞「ます」の転。近世遊里の女性語〕
動詞・助動詞の連用形に付く。丁寧の意を表す。ます。いす。 「辰五郎様やあづま様のおしやりんす/浄瑠璃・難波丸金鶏」 「それについてお話しがござりんす/洒落本・遊子方言」 〔 (1) 元来は上方の遊里で用いられた語であるが、のち江戸の遊里、主として吉原で盛んに用いられるようになった。 (2) 江戸では、上に来る動詞の連用形がイ段の一音節の音である場合、その動詞との間に「い」を加え、「いんす」となることがある。「昼まつてゐいんすにえ/洒落本・遊子方言」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

んすの関連キーワード利休箪笥・利休簞笥トールボーイナ行変格活用ワードローブセクレテールおしゃんす化粧だんすさしゃんすおざりんす支え小支え御座りいすベビー箪笥ドレッサー世間が張るチェストコピット帰一倍一やりんす下さんす婚礼家具

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

んすの関連情報