コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイゼンク アイゼンク Eysenck, Hans Jurgen

4件 の用語解説(アイゼンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイゼンク
アイゼンク
Eysenck, Hans Jurgen

[生]1916.3.4. ベルリン
[没]1997.9.4. ロンドン
イギリスの心理学者。イギリスに定住するまでドイツフランスで教育を受け,1955年ロンドン大学教授。パーソナリティ,異常心理,臨床心理の実験的研究,条件づけ理論に基づく行動療法の推進者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アイゼンク【Hans Jurgen Eysenck】

1916‐97
ベルリンに生まれ,後年イギリスに帰化した心理学者。イギリスにおける臨床心理学の発展を推進し,世界的には行動療法を提唱し,その研究にも中心的役割を果たしている。精神分析的人格研究には猛烈な反対者だが,実験科学的人格研究の推進者である。彼のいう内・外向性と神経症的傾向の2軸をもとにして〈モーズリー性格検査(MPI)〉が作られた。彼は永年の研究の中から三つの人格モデルを構築した。すなわち(1)心理学実験,精神医学的評定,因子分析などから導かれる純粋に記述的なモデル,(2)実験心理学でいう操作概念と関連づけるモデル,(3)情動・賦活・覚醒水準など生理学的指標と心理学的概念の間の関係を頭においたモデルである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アイゼンク【Hans Jürgen Eysenck】

1916~1997) イギリスの心理学者。ドイツ生まれ。パーソナリティーの精神分析的研究に対する因子分析を用いた実験心理学的研究や、学習理論を応用した行動療法などを提唱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイゼンク
あいぜんく
Hans Jrgen Eysenck
(1916―1997)

ドイツ生まれのイギリスの心理学者。第二次世界大戦中の神経症の研究が注目された。1955年ロンドン大学教授になり、モーズレイ病院の心理学研究室の主任となった。パーソナリティーに関する因子分析的研究とヨーロッパの性格類型学を結び付けた『自己発見の方法』(1976)がある。心理学臨床の方法として、心理テスト行動療法を開発したことでも知られる。1996年の国際心理学会(モントリオール)で、喫煙と肺癌(がん)に関する長期的研究の成果として、その単純な因果関係を否定し、ストレスの介在によってのみ癌との相関があることを報告して話題になった。[本明 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアイゼンクの言及

【行動療法】より

…行動療法という用語はアメリカのリンズリーO.R.Lindsley,スキナー,ソロモンH.C.Solomonらが精神病者にオペラント条件づけ技法を適用した報告(1953)にはじめて現れた。そして従来の業績を集大成したアイゼンク編著の《行動療法と神経症》(1960)により行動療法なる語が世界的に広まった。 ロシアのベフテレフV.M.Bekhterevが精神医学的方法では治療困難であったヒステリー性聾の1患者を条件反射技法で全治させたとの症例報告(1912)が行動療法の最初である。…

【性格】より

…これに対しキャッテルR.B.Cattelの定義は〈人格とは人がある状況に置かれたとき,その人がどうするかを予測させるものである〉とする操作的なものである。アイゼンクは因子分析的・統計的方法を用いた人格研究を行っている。 発達段階による性格研究は精神分析に関連するもので,S.フロイトがその基礎を確立している。…

【政治意識】より

…それは年齢や社会構造に応じての気質や性格の変化と結びつけることによって,さまざまな類型論を生んでいる。それらの中でも,W.ジェームズの〈かたい心〉〈やわらかい心〉と急進・反動型,保守・漸進型を結びつけたローエルAbbort L.Lowellの類型論は,その後,H.J.アイゼンクによって調査データの因子分析による裏付けをえて,広く用いられている。S.フロイトは,このような性格の形成をリビドー(性衝動)の発達と下意識の抑圧構造と結びつけ,政治意識の解釈に新しい領域を開いた。…

※「アイゼンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイゼンクの関連キーワードケネリーハドソンマクシムモント西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリンタワー大陸封鎖令(ベルリン勅令)バリント

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイゼンクの関連情報