コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオカビ(青黴) アオカビPenicillium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオカビ(青黴)
アオカビ
Penicillium

子嚢菌類コウジカビ目コウジカビ科の糸状菌。約 150種知られている。日常最も普通にみられるカビで,靴や餅などによく生える。アオカビのなかでも P. chrysogenumはペニシリンという抗生物質を分泌するので特に有名。枝分れを何回か行なった菌糸の上にフィアライド (小梗) と呼ばれるとくり形の細胞が生じ,胞子はその頂孔から絞り出されるようにして排出され,通常フィアライドの上にじゅず状に連なる。ある種のアオカビはクライストテシアという器官を生じ,有性生殖を行なったのち,子嚢および子嚢胞子を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アオカビ(青黴)【アオカビ】

不完全菌類アオカビ属の総称で約200種がある。果実,パン,茶殻などにはえ,分岐した菌糸上に多くの分生子柄を生じ,その先は数回分岐してほうき状をなし,先端に球状の分生子をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アオカビ【アオカビ(青黴) blue mold】

不完全菌類アオカビ属の菌類の総称。菌糸体は発達よく,隔壁のある菌糸で構成される。菌糸のところどころから分生子柄が直立,その上部は普通は1~2回分枝を繰り返し,ほうき状あるいは筆状となる。各分枝は上を向き,最終分枝の先にそれぞれ長いとくり状の分生子形成細胞(フィアライドphialide)が数本ならぶ。この細胞の先端から分生子が次々と押し出されるように形成され,長くつながって鎖状となる。分生子は球形,楕円形などさまざまで,多くはアオカビの名のように青緑色をおびている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアオカビ(青黴)の言及

【あおかび病】より

…アオカビ属菌の寄生によって起こる病気。果実,鱗茎の表面の傷や虫の食痕から菌が入って感染が起こる。貯蔵中のミカンでは果実の表面が青い粉をふいて丸く腐ってくる。またユリやチューリップでも貯蔵中の鱗茎が同じような症状を呈して腐るものがでる。ミカンではこれに似た病気で,やはりアオカビ属菌の1種によって起こるみどりかび病がある。果実表面に多量に生産される胞子集団の色によって区別できるが,病状,発生環境は類似している。…

※「アオカビ(青黴)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオカビ(青黴)の関連キーワード黄変米

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android