コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカテガニ Chiromantes haematocheir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカテガニ
Chiromantes haematocheir

軟甲綱十脚目ベンケイガニ科。甲幅 4cm,甲は側縁がわずかにはり出した四角形で,側縁に切れ込みがない。色彩は一般に暗青緑色で,額部や前側縁が黄褐色であるが,ときに甲面全体が赤みを帯びていることもある。若い個体は黄褐色。鋏が濃い紅赤色であることが和名の由来。岩手県以南の沿岸域で普通に見られ,台湾,中国北部まで分布する。河口付近の湿地帯に多いが,流域に沿って海水の影響がほとんどない上流域まで生息する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アカテガニ

昔話「さるかに合戦」に登場するカニのモデルとされる。青森県から九州に分布。甲羅の幅は約3センチで、海に近い石垣や山林で暮らす。春から夏にかけて交尾を終えたメスが腹部に卵を抱き、6~9月の大潮の満潮に合わせて海岸などで幼生を放つ。幼生はやがて子ガニに変態し、陸に上がる。

(2017-08-30 朝日新聞 朝刊 山口・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカテガニ【Chiromantes haematocheir,(=Sesarma haematocheirHolometopus haematocheir)】

河口付近にすむ甲殻綱イワガニ科のカニ(イラスト)。甲幅3.5cm。甲はやや横長の四角形で,両側縁が弱く弧を描く。甲の前方部分は黄色ないし黄褐色,他は暗緑褐色,はさみ脚が紅赤色のものが多いのでこの名があるが,若い個体では一様に黄褐色である。海岸や河口近くの土手や湿地に多いが,海水の影響のない上流にまですんでいる。一般に直径2~3cm,深さ30~50cmの穴を掘るが,あまり定住性が高くない。地中温度13~15℃以上の時期,本州中部では4月下旬から11月上旬に活動する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカテガニ
あかてがに / 赤手蟹
[学]Sesarma (Holometopus) haematocheir

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。日本の東北地方から沖縄、朝鮮半島、中国北部、台湾に分布する極東地域の固有種。甲幅4センチメートルほどの四角形で、側縁には切れ込みがない。背甲は暗青緑色で、額(がく)や前側縁が黄色ないし黄褐色、はさみが紅赤色。若い個体では一様に黄褐色。海岸や河口近くの土手や湿地に多いが、海水の影響がない上流域でもみられる。4月下旬から11月上旬まで活動するが、繁殖期は夏である。抱卵数は、甲幅2センチメートルの雌で約1万5000粒、3センチメートルの雌で約5万5000粒に上る。約1か月間抱卵したのち、満月か新月の夜、満潮の時刻になかば海水につかって腹部を激しく開閉してゾエア幼生を孵化(ふか)させる。このような劇的な習性は主として太平洋側でみられるものであって、干満の差がほとんどない日本海側では潮汐差による明瞭(めいりょう)な生活行動はみられない。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカテガニの言及

【月周リズム】より

… 月周リズムは海産の生物に限らず陸生の動物にも見られる。海岸から多少はなれた山間部に生息するアカテガニは満月と新月のころに海岸や近くの川に下りてきて幼生を放出するため,幼生はすみやかに海に到達することができる。このカニの半月周リズムも内因性で,人工月光により同調されることが証明されている。…

※「アカテガニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカテガニの関連キーワードクロベンケイガニトリコミケテス弁慶蟹岩蟹甲類胃石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカテガニの関連情報