コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカムツ Doederleinia berycoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカムツ
Doederleinia berycoides

スズキ目ホタルジャコ科の海水魚食用。全長約 40cm。体はやや長く,側扁し,下顎上顎より突き出る。眼は比較的大きい。腹部白色,ほかは鮮紅色。福島県・新潟県以南,東部インド洋・西部太平洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカムツ【Doederleinia berycoides】

スズキ目スズキ科の海産魚(イラスト)。おもに日本の中・南部沿岸から朝鮮半島南部に分布する。口内が真黒色のため多くの地方でノドクロまたはノドグロと呼ばれるが,同様の特徴をもつ別の魚をそのように呼ぶ地方もあるので注意を要する。体色が赤いのでアカムツの名がある。高知でアカウオまたはキンギョ,富山でギョウスンなどとも呼ぶ。全長40cmに達する。背びれは1基でその中央部が低くなっており,しりびれには3棘(きよく)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカムツ
あかむつ / 赤
blackthroat seaperch
[学]Doederleinia berycoides

硬骨魚綱スズキ目スズキ科に属する海水魚。太平洋側では東京湾以南、日本海側では新潟県以南に分布する。全長30センチメートルに達し、体は長卵形で側扁(そくへん)する。目と口が大きく、眼径は吻長(ふんちょう)より大きい。背びれ棘(きょく)部と軟条部の境は深く欠刻する。鱗(うろこ)は大きい櫛鱗(しつりん)で、はがれやすい。体色は赤色で、腹方は白い。背びれ棘部の縁は黒い。口内が黒いので、別名ノドグロともよばれる。水深100~200メートルの深海にすみ、大形の甲殻類、イカ類、小魚などを捕食する。冬季に、山陰地方で底引網により多量に漁獲される。比較的安価な魚であるが、肉は白身で煮つけにすると美味である。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカムツの言及

【オイカワ】より

…カワムツZ.temmincki(イラスト)は形態も似ているが,体側に太い暗青色の縦帯があるので容易に区別される。ムツ,モツ,アカムツなどの地方名がある。中部地方以西の日本および朝鮮半島などに分布するが,近年は関東地方の一部にも見られる。…

※「アカムツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカムツの関連キーワード浜田のアジ・カレイ・ノドグロハマダイカワムツ片山正夫赤魚喉黒河鯥

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカムツの関連情報