コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキノキリンソウ

百科事典マイペディアの解説

アキノキリンソウ

キク科の多年草。別名アワダチソウ。北海道〜九州および東アジアの暖〜温帯に分布し,日当りのよい平地,山地にはえる。茎は分枝し高さ35〜85cm。黄色の頭花は散房状〜総状につき,径12〜14mm,舌状花筒状花からなり,8〜10月に開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アキノキリンソウ【common goldenrod】

日当りの良い道端や山地の草原に普通に見かけるキク科の多年草で,ユーラシア大陸に広く分布する(イラスト)。花が一見ベンケイソウ科のキリンソウに似ているので,和名は秋に咲くキリンソウの意味でつけられ,別名のアワダチソウは花序の姿を盛りあがる酒の泡にみたててつけられた。学名のSolidagoは〈完全な状態〉という意味で,傷薬として用いられたところからつけられ,virgaureaは〈黄金の枝〉という意味である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキノキリンソウ
あきのきりんそう / 秋麒麟草
[学]Solidago virga-aurea L.

キク科の多年草。茎は直立して高さ80センチメートル前後、上部は分枝して花序となる。基部の葉はスプーン形であるが、中部から上部になるにつれ、柄が短くなり、葉身が卵形から披針(ひしん)形となる。8~10月、分枝した枝に多数の頭花をつけ開く。頭花は数個の舌状花と筒状花からなる。和名は、花の美しさをベンケイソウ科のキリンソウに例えたもので、秋に咲くところからいう。別名アワダチソウ(泡立草)は花の集まったようすを、酒をつくるときに出る泡に例えたもの。ユーラシアに広く分布するが、東アジアのものは果実にほとんど毛がなく変種または亜種とされる。高山帯には別の亜種コガネギク(黄金菊)、一名ミヤマアキノキリンソウが生育する。同属の帰化植物にセイタカアワダチソウがある。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アキノキリンソウの関連キーワードセイタカアワダチソウ(背高泡立草)アキノキリンソウ(秋の麒麟草)シロサビキン(白銹菌)アオヤギソウ(キク科)ミヤマアキノキリンソウセイタカアワダチソウソリダスター野草(植物)コガネギク菊葉劉寄奴金花・金華金穂草泡立草金花金華

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アキノキリンソウの関連情報