コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクトン アクトン Acton, John Emerich Edward Dalberg, 1st Baron Acton

5件 の用語解説(アクトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクトン
アクトン
Acton, John Emerich Edward Dalberg, 1st Baron Acton

[生]1834.1.10. ナポリ
[没]1902.6.19. バイエルン,テーゲルンゼー
イギリス自由主義的歴史家。祖父はナポリ王国に招かれ,同王国の首相となった人。カトリックの家柄で,彼もミュンヘン大学でカトリックの神学,歴史学を J.デリンガー教授から学ぶ。その後,自由党所属の下院議員 (1859~65) となり,W.グラッドストンと親交を結ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アクトン
アクトン
Acton, Sir John Francis Edward

[生]1736.6. ブザンソン
[没]1811.8.12. パレルモ
フランス生まれのイギリスの軍人,政治家,ナポリ王国首相。父はフランスを追放され,イギリスに帰化。トスカナ大公国の海軍に入隊し,そこで頭角を現し,ナポリ王国の要請を受けて同王国の艦隊編成の指導にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アクトン

英国の歴史家。ナポリで軍人・政治家として活躍したサー・ジョン・アクトンの孫として同地で生まれ,ミュンヘン大学に学び,帰国してからは自由党所属の下院議員(1859年−1864年),1869年男爵に叙せられて貴族院に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アクトン【John Emerich Edward Dalberg Acton,1st Baron Acton of Aldenham】

1834‐1902
イギリスの歴史家。祖父の任地の関係でナポリに生まれ,ミュンヘン大学に学び,1857年帰国して下院議員(1859‐65),上院議員(1869)となる。熱心なカトリック教徒で自由主義者として知られ,グラッドストンとも親交があった。95年ケンブリッジ大学近代史欽定講座教授に就任。《ケンブリッジ近代史》叢書の企画・編集を通して,厳密な史料批判に基づくドイツ流の近代歴史学の導入につとめ,イギリス歴史学の発展に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクトン
あくとん
John Emerich Edward Dalberg-Acton, 1st Baron Acton of Aldenham
(1834―1902)

イギリスの歴史家。1月10日イタリアのナポリに生まれる。ドイツのミュンヘン大学で歴史を学んだのち、1858年よりイギリスに定住。下院議員(1859~1865)を務め1869年男爵に叙された。自由主義的旧教徒の代表で、教皇不可謬(ふかびゅう)性の教理を強く批判。1895年シーリーの後任としてケンブリッジ大学の近代史欽定(きんてい)講座担当教授となり、在任期間は7年にすぎなかったが、万人の首肯しうる純客観的な「決定的歴史」の可能性を固く信じて、学界に大きな影響を残した。彼の編集になる『ケンブリッジ近代史』叢書(そうしょ)はその信念の具体的結実であったが、彼自身はその刊行前に病に倒れ、1902年6月19日死去。叢書は死後に刊行された。[松村 赳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクトンの関連キーワードグーチシーリータルレネーミアイギリスオランダ戦争史家歴史家イギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アクトンの関連情報