コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケビ科 アケビかLardizabalaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アケビ科
アケビか
Lardizabalaceae

双子葉植物キンポウゲ目の1科。日本や中国などアジア東部の温帯と,南アメリカのチリに知られ,特異な二極分布として注目される。7属約 35種があり,ほとんどがつる植物で,掌状複葉を互生する。は総状花序をなし,葉腋につく。片,花弁は3枚ずつ,おしべ6本も3本ずつ2輪に並ぶ。めしべも3本以上あり子房は上位。花はしばしば,おしべまたはめしべが痕跡的に退化して,雌花や雄花になる。果実は液果でときに食用となる。アケビAkebia,ムベ属 Stauntonia,ラルディザバラ属 Lardizabalaなどを含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アケビ科
あけびか
[学]Lardizabalaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉性の藤本(とうほん)。葉は互生し掌状複葉、托葉(たくよう)はない。ただし、中国からヒマラヤにかけて分布するデカイスネア属Decaisneaは低木で、葉は羽状複葉。花は単性、3数性。雄しべは離生するか、または花糸の部分で合着するものがある。液果は比較的大きくなり、種子は数個から多数。東アジアと南アメリカに8属約30種が分布する。メギ科、ツヅラフジ科に近縁な科であるが、アルカロイドは含まない。[寺林 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアケビ科の言及

【アケビ】より

…山野に普通な,大きな果実をつけるアケビ科の落葉つる性木本(イラスト)。ゴザイカズラ,ネコンクソ,モクトンなど地方ごとに多くの異名がある。…

※「アケビ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アケビ科の関連キーワード阿介比加都良ツヅラフジ科郁子・野木瓜ムベ(郁子)ミツバアケビ木通・通草常磐野木瓜総状花序三葉木通三葉通草五葉木通モクツウ郁子通草阿介比野木瓜木饅頭八月櫨メギ科木通葛通草葛

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android