コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコウダイ アコウダイ Sebastes matsubarae

3件 の用語解説(アコウダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコウダイ
アコウダイ
Sebastes matsubarae

カサゴ目フサカサゴ科の海水魚。全長約 60cm。体は長卵形で側扁する。体色は赤色で,腹膜が黒い。深海の岩礁域にすむ。胎生で,2~4月に仔魚を産む。青森県から静岡県まで分布している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アコウダイ

 [Sebastes matsubarae].カサゴ目フサカサゴ科メバル亜科の体長約60cmになる海産魚.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アコウダイ
あこうだい / 赤魚鯛・阿候鯛
matsubara red rockfishmatsubara stingfish
[学]Sebastes matsubarae

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。太平洋側では北海道南部から高知県まで、日本海側では新潟県から山口県までに分布し、相模湾(さがみわん)や駿河(するが)湾で多く漁獲される。南日本にまで分布する唯一のメヌケ類である。アコ、アコウの地方名でよばれることもある。体は長卵形で側扁(そくへん)する。下あごは上あごより突出し、その先端下にこぶ状の突起がある。目は大きく、眼窩(がんか)の下縁に1~2本の棘(とげ)があり、目の下の骨の下縁にも棘がある。体は鮮赤色で、頭の背面に暗色横帯がない。鰓蓋(さいがい)に暗色斑紋(はんもん)がある。若魚には体側に5個の暗赤色斑紋がある。ひれの縁辺は黒くない。腹膜と鰓蓋の内面が黒い。通常、水深500メートル付近の岩礁域にすむが、春には水深200メートル近くに移動して仔魚(しぎょ)を胎生する。全長60センチメートル余りに達し、深海延縄(はえなわ)で漁獲されるが、深海釣りの好対象魚でもある。肉は白身で柔らかく、煮つけ、塩焼き、みそ漬けなどにされる。旬(しゅん)は冬季。
 近縁種には北日本産のオオサガ、バラメヌケなどがあり、本種とともにメヌケ類とよばれ、いずれも水産業上の重要魚である。なお、さらに北方産のアラスカメヌケの加工品も「アコウダイ」の名で売られているが、これは近縁の別種である。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アコウダイの関連キーワードカサゴ赤魚赤魚鯛笠子喜知次さんこう目抜蓑笠子そいカサゴ(笠子)フサカサゴ(総笠子)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アコウダイの関連情報