コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサヒガニ アサヒガニ Ranina ranina; red frog crab; spanner crab

3件 の用語解説(アサヒガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサヒガニ
アサヒガニ
Ranina ranina; red frog crab; spanner crab

軟甲綱十脚目アサヒガニ科 Raninidae。1属 1種。甲長 20cm,甲幅 15cmほどの大型種。甲は美しい橙赤色で,鱗状突起で覆われている。胸部は三角形で小さいが,腹側に折りたたまれることはなく,後方に伸びている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アサヒガニ

甲殻類アサヒガニ科のカニ。全身赤だいだい色の美しい大型のカニで,甲長20cmに達する。食用にもなる。甲の形は前方に広く幅よりも長さが大で,甲面は長くとがった平たいとげでおおわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサヒガニ
あさひがに / 朝日蟹・旭蟹
red frog crab
[学]Ranina ranina

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目アサヒガニ科に属する食用ガニ。1属1種で、相模(さがみ)湾以南、沖縄まで分布し、各地の水深30~50メートルの砂底にすむ。ハワイから南太平洋およびインド洋にも広く分布し、各国で食用とされるが、漁獲量は多くない。日本では九州南部で漁期制限し、カニ籠(かご)で漁獲している。養殖の試みもなされているが、幼生期間が長く、現在、稚ガニまで飼育された例がない。甲長20センチメートル、甲幅15センチメートルほどの大形種で、背甲は一様に朱赤色。甲面は左右に弱く湾曲し、前方にとがった平らな突起が一面にあって鱗(うろこ)状を呈する。はさみ脚(あし)は大きく、平らで、鎌(かま)形の可動指をもつ。歩脚はいずれも指節が平らであるが、各対で少しずつ形が異なり、これらを巧みに使って後退しながら砂に潜る。雌の生殖孔(こう)がヤドカリ類のように第2歩脚の底節に開口するため、胸甲に開口する真のカニ類に比較して分類学上は下等な位置に置かれる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アサヒガニの関連キーワード軟甲類旭蟹岩蟹蝲蛄猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹旭ケ丘

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アサヒガニの関連情報