コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサヒヒョウモン アサヒヒョウモンClossiana freija asahidakeana

3件 の用語解説(アサヒヒョウモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサヒヒョウモン
Clossiana freija asahidakeana

鱗翅目タテハチョウ科。国の天然記念物に指定されているチョウの一つ。前翅の開張幅は雄で 31mm,雌で 33mmほどで,日本産ヒョウモンチョウ類中の最小種。翅表は橙黄色の地で,前翅および後翅外方に暗褐色の豹紋が並ぶが,後翅内方はほぼ全面暗色となる。雌では後翅外方はやや赤みを帯びる。翅の裏面は,前翅では黄褐色,後翅では茶褐色の地に白色の不定紋がいくつかある。北海道大雪山群の高山帯に分布し,7月上旬から8月上旬にかけて,ハイマツ帯のお花畑にみられるが,生態はよくわかっていない。なお,原亜種は北極周辺地域に分布する周北極型のチョウである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アサヒヒョウモン

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。北海道の大雪山塊の標高1700m以上の高山帯に生息する。国外ではユーラシア大陸北部と北アメリカの北部に分布する。幼虫はキバナシャクナゲクロマメノキコケモモガンコウランを食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサヒヒョウモン
あさひひょうもん / 旭豹紋蝶
Freya's fritillary
[学]Clossiana freija

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。北海道大雪山群のおおよそ1800メートル以上の山地に分布する高山チョウで、国の天然記念物に指定されている。日本以外では中国東北部の大興安嶺(だいこうあんれい)、北シベリア、ラップランド、スカンジナビア、アラスカ、カナダ、北アメリカの山地など北極を巡る寒冷地に分布し、周極種circumpolar speciesとして知られている。日本のヒョウモンチョウ類のなかではもっとも小形。はねの開張は35ミリメートル内外。年1回発生し、普通7月上旬から8月中旬までみられ、7月中旬から下旬が最盛期。晴天の際は地上を低く、花畑の上を群飛するが、陽が陰るとたちまちその姿を消す。幼虫の食草はガンコウラン科のガンコウラン、ツツジ科のキバナシャクナゲ、クロマメノキである。日本では本種の近縁種にカラフトヒョウモン、ホソバヒョウモンの2種があり、ともに北海道に産する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアサヒヒョウモンの言及

【高山蝶】より

…ミヤマシロチョウ,ベニヒカゲ,タカネヒカゲを除く残り6種はヨーロッパまで分布しているもので,日本では遺存種と見なしうるものである。北海道ではウスバキチョウ,ダイセツタカネヒカゲ,アサヒヒョウモン,クモマベニヒカゲ,カラフトルリシジミの5種が高山チョウと呼ばれ,後の3種はヨーロッパにも産する。本州の高山チョウのうち,オオイチモンジ,コヒオドシ,ベニヒカゲは北海道では平地や低山地にも見られるので高山チョウ扱いはされない。…

【ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)】より

…ツマグロヒョウモンは迷チョウとしてのみ北日本に達し,ギンボシヒョウモンは四国と九州には産しない。 小型の日本産のヒョウモン類には,ヒョウモンチョウとコヒョウモン(本州,北海道),北海道特産のアサヒヒョウモン,カラフトヒョウモン,ホソバヒョウモン,近年八重山諸島に定着したと見られる南方系のウラベニヒョウモンの計6種がある。日本産のヒョウモンモドキ類には3種があるが,本州に限られ,しかも局地的分布をする。…

※「アサヒヒョウモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone