コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジソン病 アジソンびょう Addison's disease

翻訳|Addison's disease

7件 の用語解説(アジソン病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジソン病
アジソンびょう
Addison's disease

副腎皮質の慢性機能低下を示す疾患。 1855年にイギリスの医師 T.アジソンが初めて記載した。比較的まれな疾患で,原因は副腎結核や特発性副腎萎縮などである。最近は前者によるものはまれである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アジソン‐びょう〔‐ビヤウ〕【アジソン病】

副腎皮質ホルモンの不足によって起こる病気。皮膚が黒ずみ、疲労感、体重低下などが主な症状。1855年、T=アジソンが発表。慢性副腎皮質不全症。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アジソン病

 →低副腎皮質機能

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

あじそんびょう【アジソン病】

 先天的または後天的な副腎皮質機能不全(ふくじんひしつきのうふぜん)によっておこる病気です(「アジソン病」)。低血圧、全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん)、胃腸症状、色素沈着などのいろいろな症状が現われます。
 とくに、皮膚および粘膜(ねんまく)にみられる色素沈着は、アジソン病ではもっとも特徴があり、他の症状に先駆けて顔面と手に出現します。顔面では、口腔粘膜(こうくうねんまく)、歯肉(しにく)、舌、口唇(こうしん)、腟口(ちつこう)などに斑状(はんじょう)で褐色調の色素沈着がみられ、手では手掌(しゅしょう)の線状溝(せんじょうこう)(手相をみるときのしわ)が濃褐色に着色します。色素が沈着したところは濃度を増してゆき、日光露出部や接触して摩擦(まさつ)を受けやすい部位には全体的な色素沈着が目立ちます。
 治療は、原因疾患がわかればその治療を行ないます。特発性(とくはつせい)の場合(とくに原因や誘因のない場合)は、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの補充療法を一生続けなければなりません。

あじそんびょう【アジソン病 Addison Disease】

[どんな病気か]
 両側の副腎(ふくじん)の皮質が、ともに広い範囲にわたって崩壊し、副腎皮質ホルモンの分泌が低下してくる病気です。
 全身のだるさ(倦怠感(けんたいかん))、脱力、低血圧がおこるほか、全身の皮膚の色が黒くなってきます。
[原因]
 副腎組織などを異物として攻撃するものが体内にできる自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)(免疫のしくみとはたらきの「自己免疫疾患とは」)や、結核菌(けっかくきん)の感染が原因であることが多いようです。
[検査と診断]
 血液中の副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(コルチゾール)の濃度が低く、下垂体から分泌される副腎皮質を刺激するホルモンの値が上昇しています。
 また、尿に排泄(はいせつ)される副腎皮質ホルモンの代謝産物(使用された後の廃棄物)の量も減ります。
 また、副腎皮質刺激ホルモンを注射してもコルチゾールが増えません。
 以上のことが確認できれば、アジソン病との診断がつきます。
[治療]
 副腎皮質ホルモン(ステロイド)を毎日内服します。
 日常生活の注意としては、塩分は多めにとるようにします。副腎皮質ホルモンの内服は生涯続けなければなりません。そうすれば、ふつうに健康に生活できます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

アジソンびょう【アジソン病】

副腎皮質の機能低下による疾患。メラニン色素沈着により皮膚が黒ずみ、消化器障害・低血圧・低血糖・無力症状などを呈する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジソン病
あじそんびょう

慢性の副腎(ふくじん)機能不全によっておこる疾患で、1849年イギリスの医師アジソンが発見、1855年に発表した。副腎皮質ホルモンが欠乏するために疲れやすくなり、食欲の低下や体重の減少もみられる。また、皮膚などの色が黒くなり、ことに口中の粘膜に黒いしみができる。女性ではわき毛や陰毛が減少し、男女とも性欲が低下する。原因は自己免疫によるものが多く、副腎の結核や腫瘍(しゅよう)によることもある。血液中の副腎皮質ホルモンを測定し、その値が正常より低ければこの病気の可能性がある。外傷や感染症により、ショック状態に陥ることもあるので注意を要する。副腎皮質ホルモン剤の内服を続けることで、一生元気に生活できる。[高野加寿恵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジソン病の関連キーワード副腎副腎髄質副腎皮質副耳(過剰耳)眼瞼縁炎(ただれ目)眼窩眼筋炎皮膚サルコイドーシス急性副腎不全(副腎クリーゼ)副腎インシデンタローマ(副腎偶発腫)副腎腫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジソン病の関連情報