コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセタケ

2件 の用語解説(アセタケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アセタケ

フウセンタケ科のキノコ。この仲間は日本に50種ほど知られシラゲアセタケ,カブラアセタケ,シロトマヤタケ等,ムスカリンなどの毒分があり注意を要する種類が多い。一般に小型で,かさは円錐形〜平ら,繊維質,黄褐色,黄色,白色などで,放射状に裂ける。
→関連項目毒キノコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセタケ
あせたけ / 汗茸

担子菌類、マツタケ目フウセンタケ科の毒キノコ。傘は円錐(えんすい)形で径3~5センチメートル、表面は茶褐色、表皮は繊維質で放射状に裂け目を現す。ひだは初め白っぽいが、しだいに泥褐色になり、茎は細めの円柱状で縦に裂ける。1907年(明治40)ごろ東京・小石川植物園で中毒があり、激しい発汗症状をおこしたため医薬学界から注目された。そのときアセタケの名が与えられ、ヨーロッパのInocybe rimosa (Fr.) Qul.の学名が採用されたが、この同定はのちに誤りであることがわかった。しかしその後同じような中毒例がなく、現在アセタケの正体は不明となっている。アセタケ属Inocybeには日本だけでも50種近くが記録されており、いずれも前述したアセタケに外形が似ているので、アセタケの仲間として見分けることはむずかしくない。この属のキノコには、ベニテングタケの毒成分として名高いムスカリンというアルカロイドを多量に含む種が多いので、すべて毒キノコとみなすのが安全である。しかし一般には食欲をそそるような形状をしていないので、中毒例はまれである。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセタケの関連キーワード藍茸臼茸栗茸茶碗茸大笑茸籠茸黄金茸針茸シメジマンネンタケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone