アセナフテン(英語表記)acenaphthene

世界大百科事典 第2版の解説

アセナフテン【acenaphthene】

コールタール中に含まれる芳香族炭化水素の一種。名はラテン語のacetum(すっぱい),ペルシア語のneft(樹脂)に由来する。融点94℃,沸点277.9℃の無色針状結晶。クロロホルム,熱アルコールに溶け,水に不溶。コールタールから分離して得られ,染料合成原料,合成樹脂原料,殺虫・殺菌剤として用いられる。【村井 真二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセナフテン
あせなふてん
acenaphthene

芳香族炭化水素の一つで、コールタールを分留して得られる重油成分中に含まれる。ナフタレンとエチレンから合成することもできる。無色の結晶で、水には溶けないが、アルコールに溶け、トルエンなどによく溶ける。ナフタレンに似たにおいをもつ。染料や合成樹脂の原料として、また殺虫剤や殺菌剤としても利用される。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

アセナフテン
アセナフテン
acenaphthene

C12H10(154.21).コールタール成分の一つで,タールの重油留分から分留される.ナフタレンとエテンから合成することもできる.針状晶.融点95 ℃,沸点278 ℃.ベンゼン,アルコール,酢酸,クロロホルムなどに可溶.酸化すればアセナフテンキノンを経てナフタル酸となる.[CAS 83-32-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android