コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナログ計算機 アナログケイサンキ

百科事典マイペディアの解説

アナログ計算機【アナログけいさんき】

計算される数をある物理量に置き換え,一定の物理的機構を利用して計算する機械。使われる物理量は,長さ,軸の回転,力,電圧,電流,圧力,体積などで,数値は目盛の上で連続的な位置をとりうるアナログ量として測られる。
→関連項目計算機ハイブリッド計算機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

アナログ計算機の関連キーワードブッシュ(Vannevar Bush)アナログコンピュータシミュレーションデジタル計算機計量型計算機微分解析機演算増幅器情報科学計算尺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android