コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバス Havas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバス
Havas

フランスの国際通信社AFP前身で,世界最初の近代的通信社。ハンガリー系のフランス人シャルル・アバスが 1825年パリに外国の新聞を訳して購読者に配布する通信事務所を開設したのが最初。それが発展し,35年アバス通信社になり,79年株式会社組織になった。第1次世界大戦頃までは,イギリスのロイター,ドイツのウォルフと並んで世界の三大通信社と呼ばれ,敗戦によるウォルフの没落後も新興のアメリカのAPUPを加えて,世界の代表的通信社の位置を保ち続けた。しかし 1940年ナチス・ドイツにフランスが降伏したとき,アバスは消滅。職員や伝統は,44年発足の AFPに引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アバス(Havas)

1835年、シャルル=アバスがパリに設立した世界最古の通信社。AFPの前身。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アバスの関連キーワードアップルフォレストバスフィザーエアバスA350キャセイパシフィック航空アルジェリア民族解放戦線国際バスケットボール連盟アラン・H. ロッキードノエル フォルジャールモーリス シューマンアンリ マルティネヒュペルムネストラエアバスとEADSロイター(通信社)中華航空機墜落事故アバス(通信社)ヴケリッチ B.ジャンボジェットロバート ギランロッキード事件ワイドボディ機ウォルフ通信社

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android