コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカスイギュウ

百科事典マイペディアの解説

アフリカスイギュウ

スイギュウ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アフリカスイギュウ【African buffalo】

クロスイギュウともいう。アフリカ産の巨大な偶蹄目ウシ科の哺乳類(イラスト)。サハラ砂漠以南のアフリカにすむ。肩高1.4~1.7m,体長2.1~2.6m,体重500~800kg,ときに1200kgに達する。アジアスイギュウに似るが,角は左右の基部が接近,耳介が大きく縁に毛の房があり,背筋の毛は後ろへ向かう。角は雌雄とも巨大で,基部が太く初め後下方,次に後上方か内上方に曲がる。体は雌雄とも黒か黒褐色白斑を欠く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカスイギュウ
あふりかすいぎゅう
African buffalo
[学]Syncerus caffer

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。アフリカのスーダン、エチオピアから南アフリカ共和国の東、西、北ケープ州まで分布し、水辺に近い草原に生息する。体格は大きく、頭胴長2~3メートル、尾長1メートル、肩高1.5メートル、体重700~1000キログラムに達する。角(つの)は雌雄ともにあり、基部は著しく幅広く、額面でほとんど接近し、先端になるにしたがって細くて鋭く、上内方に湾曲する。体色は黒褐色ないし黒色で、体毛は少なく、とくに老獣では極端に少なくなる。耳は大きくて垂れ下がり、縁に長毛がある。数頭から数百頭に及ぶ群れをなしてすみ、日中は草の茂みで休息し、薄暮から夜にかけて行動する。草食で、泥浴びを好む。妊娠期間は340日、1産1子である。本種の生息地、南アフリカのクルーガー国立公園とその周辺で、1993年ごろ偶蹄類の伝染病である口蹄疫(こうていえき)が発生し、危機的状況になった。このため、世界各地から健康な個体を集めて新しい群れをつくる計画が進み、日本からは群馬サファリパークが25頭を提供し、ほかの国からの75頭とともに保護区に放たれている。こうした活動は新しい国際貢献の一つといえよう。なお、本種の1亜種S. c. nanusを別種としてアカスイギュウとよぶことがある。[中川志郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフリカスイギュウの言及

【バッファロー】より

…偶蹄目ウシ科の動物のうち,とくにスイギュウ類をさす英名。アジアスイギュウAsian water buffaloと,アフリカスイギュウAfrican buffaloに対して用いられるが,アメリカバイソンの俗称ともされる。これはカナダへ入植したフランス系の人々がバイソンをル・バッフle bœuf(ウシの意)と呼んだものが,英語でバッフルbuffle,バッフェロbuffeloと変化し,最後にバッファローとなったものである。…

【バッファロー】より

…偶蹄目ウシ科の動物のうち,とくにスイギュウ類をさす英名。アジアスイギュウAsian water buffaloと,アフリカスイギュウAfrican buffaloに対して用いられるが,アメリカバイソンの俗称ともされる。これはカナダへ入植したフランス系の人々がバイソンをル・バッフle bœuf(ウシの意)と呼んだものが,英語でバッフルbuffle,バッフェロbuffeloと変化し,最後にバッファローとなったものである。…

※「アフリカスイギュウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフリカスイギュウの関連キーワードマナマノヴォセルーカフジバッファロー(ウシ科)キリマンジャロ国立公園ニオコロペンジャリ国立公園スイギュウ(水牛)クロスイギュウアルリ国立公園タイ国立公園バッファローブワケトピ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android