コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ民主連合 アフリカみんしゅれんごうRassemblement Démocratique Africain; RDA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ民主連合
アフリカみんしゅれんごう
Rassemblement Démocratique Africain; RDA

1946年 10月バマコで,象牙海岸 (現コートジボアール) の民族主義指導者 F.ウフエ=ボワニを中心として結成された,フランス領西および赤道アフリカのほぼ全体にわたる超地域的アフリカ人政党。象牙海岸民主党,スーダン同盟,ギニア民主党など合計 10の各植民地民族主義政党がその支部を構成し,各支部の活動を整合する機関として調整委員会がおかれていた。フランス領に限定されていたとはいえ,一種の汎アフリカ主義的性格をもったユニークな政党であった。その創設以来フランス第四共和政下のフランス連合議会に選出された植民地代表議員の連帯の場としてある程度機能したが,56年の基本法から 58年の第五共和政発足にいたる過程で植民地の自治権が拡大されたのに伴い,存在理由が弱まっていった。特に 58年 10月フランス第五共和政憲法に反対したギニアがフランス共同体の枠外で独立したことが契機となって,ギニア民主党が同連合から脱退,やがてマリのスーダン同盟も脱退するに及び,超地域的政党としての同連合は組織面で著しくその力を失った。さらに支部として加盟していた各党も,1960年代以降各国で台頭した軍部政権によって非合法化されるなどの事態が相次ぎ,同連合の本部がアビジャンにおかれている関係もあって,コートジボアール民主党は依然としてアフリカ民主連合の支部を称してはいるが,現実にはもはや同連合の実体は残っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アフリカみんしゅれんごう【アフリカ民主連合 Rassemblement Démocratique Africain】

植民地体制下のフランス領西アフリカで結成されたアフリカ人の政党。1946年10月,フランス領スーダン(現,マリ)の主都バマコで,800名にのぼるアフリカ人政治指導者を各地から結集して結成大会を開催し,委員長にウフエ・ボアニー(のちのコートジボアール初代大統領)を選出した。以後,この地域の独立運動の過程で中心的な役割を果たした。党名が示すようにフランス領アフリカで独立運動に従事するあらゆる勢力の結集を図ったが,サンゴール(のちのセネガル初代大統領)の率いるフランス社会党系のグループが設立当初から参加せず,46年のフランス総選挙では,旧フランス領西アフリカの13議席中,互いに6議席を分けあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アフリカ民主連合の関連キーワードケニア・アフリカ民族同盟F. ウフェ・ボワニウフエ=ボワニウフェボワニトゥーレ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android