アペリチフ

百科事典マイペディアの解説

アペリチフ

食前酒。食欲を増すために食前に飲む酒類。普通はシェリー,ブドウ酒,ベルモット,各種のカクテルなどが用いられる。なお食後酒ディジェスチフ)には,消化を助けるようウィスキー,ブランデー,ジンなどの強い酒,リキュール,ポートワインなどの甘い酒が使用される。
→関連項目オードブルペパーミント

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アペリチフ【apéritif[フランス]】

食欲増進剤の意であるが,一般には食前酒をさす。ふつうワイン系のものとスピリッツ系のものが用いられる。前者にはシャンパン,シェリー,ベルモットなどのほか,ワインをベースにキナ皮その他を加えたビイルbyrrhやデュポネなどがある。後者には,スピリッツをベースにしてアニス,フェンネルその他の薬草,香草を用いたアニゼット,カンパリなどのリキュールがあり,炭酸水や水で割って飲用される。アペリチフに対して,食後に供される食後酒はディジェスチフdigestifと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アペリチフ

〘名〙 (apéritif) 西洋料理の正餐で、食前に飲む酒。食前酒。
※ふらんす物語(1909)〈永井荷風〉雲「食慾をつけるとか云って、きまって食事の前に飲むアペリチフの一杯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアペリチフの言及

【フランス料理】より

… これらの料理を一段とおいしく味わうために,食事の進行に伴って各種の酒が出される。食前酒はアペリチフと呼ばれ,食欲を促す効果がある。シェリー酒,ベルモットマデイラなどのほかカクテルも用いられ,おつまみなどとともに別室で出されることもある。…

※「アペリチフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アペリチフの関連情報