コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アボット アボット Abbot, Charles Greeley

12件 の用語解説(アボットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アボット
アボット
Abbot, Charles Greeley

[生]1872.5.31. ニューハンプシャーウィルトン
[没]1973.12.17. メリーランドリバーデル
アメリカ天文学者マサチューセッツ工科大学卒業 (1894) 。スミソニアン天体物理天文台台長 (1907~44) 。太陽放射の研究のほか日食,赤外線スペクトル太陽観測器に関する多くの研究がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アボット
アボット
Abbot, Francis Ellingwood

[生]1836
[没]1903
アメリカの哲学者,急進的神学者。自由主義的立場の雑誌"The Index"の編集者 (1870~80) 。 1893年以降隠棲し,主著"The Syllogistic Philosophy"の完成とともに自殺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アボット
アボット
Abbot, George

[生]1562.10.19. ギルフォード
[没]1633.8.4. クロイドン
カンタベリー大主教。神学者。オックスフォード大学に学び,のちに母校の副総長をつとめる。清教徒的傾向をもち,儀礼や礼典を重んじる高教会主義者たちと対立。イギリスの世襲君主制を擁護してジェームズ1世に認められたが,のちチャールズ1世と対立し,罷免され,不遇のうちに死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アボット
アボット
Abbott, George

[生]1887.6.25. ニューヨーク,フォレストビル
[没]1995.1.31. マイアミビーチ
アメリカの劇作家,演出家。ハーバード大学で G.P.ベーカー教授に学び,1913年から舞台に立ち,19年に劇作と演出に転じた。『1頭の馬に3人の男』 Three Men on a Horse (1935) ,『パジャマゲーム』 The Pajamas Game (54) ,『くたばれヤンキース』 Damn Yankees (55) ,『フィオレロ』 Fiorello! (59) など,大衆的喜劇やミュージカルにすぐれた作品が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アボット
アボット
Abbott, Jabcob

[生]1803.11.14. メーン,ハローウェル
[没]1879.10.31. メーン,ファーミントン
アメリカの牧師,児童文学者。特に少年ロロを主人公にした一連の小説 (全 28巻) で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アボット
アボット
Abbott, Lyman

[生]1835.12.18. マサチューセッツ,ロクスベリー
[没]1922.10.22. ニューヨーク
アメリカの牧師。 J.アボットの息子。キリスト教社会問題に適用しようとする「社会的福音」 Social Gospelを提唱,社会主義自由放任主義に反対した。雑誌『クリスチャンユニオン』 (のち『アウトルック』と改題) の編集に携わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アボット
アボット
Abbott, Samuel Warren

[生]1837.6.12. マサチューセッツ,ウーバーン
[没]1904.10.22.
アメリカの医師。 1862年ハーバード大学卒業。南北戦争に軍医として参戦したのち一時開業したが,86年から終生マサチューセッツ州衛生局長官をつとめた。公衆衛生活動に先駆的業績を残したが,特に彼がとった統計は今日の衛生統計モデルとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アボット

アメリカの劇作家・演出家。ニューヨーク出身。ハーバード大学で演劇を学ぶ。俳優としてデビューしたが,のち《パジャマ・ゲーム》《くたばれヤンキース》などの都会的ミュージカルの演出で脚光を浴びた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

アボット Abbott, Edgar

1850?-1890 イギリスの実業家。
横浜で手形証券,金銀地金(じがね)売買の店をひらく。明治18年コープランドのビール工場跡地をゆずりうけ,ジャパン-ブリュワリー-カンパニー(麒麟麦酒(きりんビール)の前身)を創立した。1890年7月17日ロンドンで死去。40歳? 横浜外人墓地に埋葬された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

アボット【Charles Greeley Abbot】

1872‐1973
アメリカの天文学者。マサチューセッツ工科大学に学ぶ。1895年からスミソニアン研究所に入り,1907年から天文台長,28年から44年まで所長をつとめた。太陽からの放射エネルギー精密測定に取り組む。その絶対測定を行い,太陽定数として1.94cal・cm-2・min-1を求めたことで有名。さらに,波長ごとの放射エネルギー分布や,太陽の周辺減光を測定した。太陽定数の変動と地上の気象に及ぼす影響,太陽熱利用の実用化,日射計の考案など太陽放射に関する多くの研究がある。

アボット【George Abbott】

1887‐1995
アメリカの劇作家,演出家。最も得意とするのは都会的なミュージカルで,シェークスピアの《間違いの喜劇》による《シラキュースから来た男たち》(1938),《パジャマ・ゲーム》(1954),《くたばれヤンキース》(1955)などの台本を書き,自ら演出した。わかりやすくて適度の笑いを含み,緊密な構成をもった台本を,速いテンポの舞台にまとめるところに特徴があり,よい意味で大衆的な作家である。【喜志 哲雄】

アボット【John Joseph Caldwell Abbott】

1821‐93
カナダの第3代首相(在職1891‐92)。ロワー・カナダ出身。マギル・カレッジで法律を学び,1857年に政界入り。62年には連合カナダ植民地の法務次官となる。商法の権威としてカナダ太平洋鉄道株式会社の法律顧問をつとめ,〈パシフィックスキャンダル〉に巻きこまれる。87年上院議員に任命される。マクドナルドの死去により,人材不足の保守党から選出されて首相に就任。翌年病身ゆえに辞任した。【大原 祐子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アボットの関連キーワードニューヨークカットニューヨークタイムズニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アボットの関連情報