コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポ山 アポさんMount Apo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポ山
アポさん
Mount Apo

フィリピンミンダナオ島南東部,ダバオの西約 30kmにある活火山。標高 2954m。フィリピンの最高峰で,国立公園に指定されている。ラワンなど熱帯性硬木に覆われ,フィリピンワシが生息する。南東の裾野にはマニラアサプランテーションが広がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アポ‐さん【アポ山】

Mount Apo》フィリピン南部、ミンダナオ島南部にある火山。ダバオの西約30キロメートルに位置する。標高2954メートル。同国の最高峰。有史以来、噴火の記録はないが、活発な硫気孔が多く、硫黄鉱脈がある。周辺は国立公園に指定。東麓にはバナナやマニラ麻の栽培地が広がる。アポ火山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アポ山の関連キーワードミンダナオ[島]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android