コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマチャ(甘茶) アマチャHydrangea macrophylla var. thunbergii

3件 の用語解説(アマチャ(甘茶)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマチャ(甘茶)
アマチャ
Hydrangea macrophylla var. thunbergii

ユキノシタ科の落葉低木で,アジサイの1変種。葉に甘みがあるため古くから日本で栽培されている。ガクアジサイやヤマアジサイなどとも同一種とみなされている。夏に,大きな散房花序をつくり,その周辺部に淡青色または白色の3~4弁の装飾花をもつ点もヤマアジサイとほとんど違わない。葉を乾燥させたものの煎じ汁がいわゆる甘茶で,甘味 (成分はフィロズルチン) があり飲料に供する。江戸時代以後,4月8日の灌仏会に釈迦立像に甘茶をかける習慣があるが,これは釈迦生誕のとき八大竜王が歓喜して産湯に甘露の雨を降らしたという伝説にならったもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アマチャ【アマチャ(甘茶) Hydrangea macrophylla (Thunb.) Seringe ssp.serrata (Thunb.) Makino var.oamacha Makino】

ヤマアジサイ(アジサイ)の変異種のうち,外形的には区別されないが,植物体が甘みを呈する系統。オオアマチャとも呼ぶ。またアマチャより全体小型のものを,コアマチャvar.thunbergii Makinoといい,どちらも寺院などに栽植される。伊豆地方のアマギアマチャH.macrophylla ssp.angustata (Fr.et Sav.) Kitam.は葉が狭長で,花色は淡色である。【堀田 満】 アマチャの甘味成分はフィロズルシンphyllodulcinとイソフィロズルシンであるが,新鮮な葉の中には配糖体として含有されていて甘くない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアマチャ(甘茶)の言及

【アジサイ】より

…またエゾアジサイH.macrophylla ssp.yezoensis (Koidz.) Kitam.は前者に似ているが,葉や花,果実が大型で,北海道と本州日本海側の多雪地域に分布する。葉に甘味成分を有する系統がヤマアジサイ類のなかにあり,アマチャと呼ばれる。このほかアジサイ属には,ノリウツギ,タマアジサイ,ツルアジサイ,コアジサイ,ガクウツギなど数種が日本の山地に自生する。…

【灌仏会】より

…仏教の年中行事の一つ。釈迦が誕生したといわれる4月8日,すべての仏寺で行われる法会であり,日本では花御堂の中央におく水盤の中で,小さい金銅の誕生仏の像の頭上に甘茶を灌(そそ)ぐ祭りをいう。古くは,仏生会(ぶつしようえ),仏誕,降誕会,浴仏斎,竜華会(りゆうげえ)などの名があるが,今では,民族のちがいを超えて国際化し,世界各地の仏教徒がこれに参加する。元来は,インド仏教徒のあいだに,釈迦の誕生に関する奇瑞を伝えて,九竜が天より下って香水でその身を灌浴し,地下より蓮花がわき出て足を支えたとし,また釈迦は四方に周行すること7歩,左手をあげて天を指し,右手を下げて地を指し,天上天下唯我独尊と叫んだという,いわゆる八相成道(はちそうじようどう)の説があって,早くこれを仏教徒共同の祭りとする風が生じた。…

※「アマチャ(甘茶)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone