甘茶(読み)アマチャ

デジタル大辞泉の解説

あま‐ちゃ【甘茶】

ヤマアジサイの変種。山地に生え、高さ約70センチ。夏、周囲に数個の装飾花をもつ花をつける。葉は乾かすとみが出るので飲用にする。こあまちゃ。あまくさ。
アマチャまたはアマチャヅルの葉を乾燥させて煎じ出した飲み物。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に、甘露になぞらえ釈迦像の頭に注ぎ、また飲む風習がある。 春》「ゆれ合へる―の杓をとりにけり/素十

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまちゃ【甘茶】

日本特産のユキノシタ科の落葉低木。ヤマアジサイの変種。やや小振りで、栽培もされる。
アマチャ・アマチャヅルの葉を蒸してもみ、乾燥したものを煎せんじた飲料。黄褐色で甘みが強く、食品の甘味料ともする。四月八日の灌仏会かんぶつえに釈迦像にかけ、また、飲む。 [季] 春。 〔「甘茶の花」は [季] 夏〕
[句項目] 甘茶でかっぽれ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

あまちゃ【甘茶】


ユキノシタ科の落葉低木あまちゃ、またはウリ科の多年草あまちゃづるの葉を乾燥させ、煮出して作る黄褐色の甘い茶。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に、釈迦(しゃか)の像に注ぎかけるならわしがある。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

甘茶 (アマチャ)

学名:Hydrangea macrophylla subsp.serrata
植物。ユキノシタ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

甘茶 (アマチャ)

植物。ウリ科のつる性多年草,園芸植物,薬用植物。アマチャズルの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甘茶の関連情報