コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマドコロ

2件 の用語解説(アマドコロの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アマドコロ

北海道〜九州,東アジアの山野にはえるユリ科の多年草。茎は斜上し,高さ30〜80cm,上部に稜角がある。数個の葉を茎の左右にほぼ2列に互生する。葉は長楕円形で長さ約10cm,下面は粉白をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマドコロ
あまどころ
[学]Polygonatum odoratum var. pluriflorum Ohwi

ユリ科の多年草。原野の草間に生え、白い根茎を長く伸ばして群生する。和名は、根茎がトコロに似て、わずかに甘味があることによる。春に芽を出し、高さ40~70センチメートルの茎が弓なりに伸び、葉を互生する。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ6~12センチメートル、先端はややとがり、柄はなくて茎に直結し、裏面は粉白。5月ごろ葉のわきから淡緑白色の花を下向きにつける。花は長さ2センチメートルほどの筒形、先端が6裂してやや開く。雄しべは6本、黒い球形の果実ができる。根茎はゆでて食用とする。北海道から九州にかけて分布、朝鮮、中国にも広く分布する。斑(ふ)入り葉品種を庭園に植え、切り花にもする。半日陰の庭でよく育つ。[鳥居恒夫]

薬用

根茎を萎(いずい)、また玉竹(ぎょくちく)、女萎(じょい)と称し、中国では強壮、鎮咳(ちんがい)、清熱剤として使用し、日本ではなまの根茎をおろして打撲、腰痛、乳幼児の湿疹(しっしん)に外用する。中国では同属の他種植物も同様に用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマドコロの関連キーワードアケビ東アジアヨモギアジアンポップスウドオニユリクルミヤマユリヨメナエヒメアヤメ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマドコロの関連情報