コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカの学者 アメリカのがくしゃ The American Scholar

3件 の用語解説(アメリカの学者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカの学者
アメリカのがくしゃ
The American Scholar

アメリカの詩人,思想家 R.W.エマソンが 1837年ハーバード大学で行なった講演。学者は自然・書物・行動を通じて学び,思索する人間の義務として自己信頼をもたねばならないと説く。また国家としての自己信頼をも主張し,「アメリカの知的独立宣言」として当時の知識人に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アメリカのがくしゃ【アメリカの学者】

《原題The American Scholarエマソンの評論。1837年発表。ハーバード大学で行われた講演を文章にまとめたもの。ヨーロッパ文化への追随ではない米国独自の思想・文化の形成を呼びかける内容。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの学者
あめりかのがくしゃ
The American Scholar

アメリカの思想家R・W・エマソンの講演。1837年8月31日、ハーバード大学の有名なフラターニティ(男子学生の社交クラブ)「ファイ・ベータ・カパ」の例会で行われた。まず冒頭で、「われわれの依存の時代、他国の学問に対する長い徒弟時代」の終わりが宣言される。のちにO・W・ホームズが「われわれの知的独立宣言」と評したゆえんだが、この講演の意図はむしろ学者の使命を説くことにある。エマソンによれば、学者は「本の崇拝者」であることをやめ、内部に宿る「活動的な魂」だけを信頼して、ひたすら万象の奥に潜む「至高の霊」の発見に精励すべきで、「本は学者の余暇のためにある」とさえ彼はいいきっている。[酒本雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカの学者の関連キーワードアメリカバイソン自然論ホイットマンアメリカの没落神学部講演アメリカの影エマーソン弦楽四重奏団不安の時代トランセンデンタリズム志賀勝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アメリカの学者の関連情報