コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカの学者(読み)アメリカのがくしゃ(英語表記)The American Scholar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカの学者
アメリカのがくしゃ
The American Scholar

アメリカの詩人,思想家 R.W.エマソンが 1837年ハーバード大学で行なった講演。学者は自然・書物・行動を通じて学び,思索する人間の義務として自己信頼をもたねばならないと説く。また国家としての自己信頼をも主張し,「アメリカの知的独立宣言」として当時の知識人に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アメリカのがくしゃ【アメリカの学者】

《原題The American Scholarエマソンの評論。1837年発表。ハーバード大学で行われた講演を文章にまとめたもの。ヨーロッパ文化への追随ではない米国独自の思想・文化の形成を呼びかける内容。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの学者
あめりかのがくしゃ
The American Scholar

アメリカの思想家R・W・エマソンの講演。1837年8月31日、ハーバード大学の有名なフラターニティ(男子学生の社交クラブ)「ファイ・ベータ・カパ」の例会で行われた。まず冒頭で、「われわれの依存の時代、他国の学問に対する長い徒弟時代」の終わりが宣言される。のちにO・W・ホームズが「われわれの知的独立宣言」と評したゆえんだが、この講演の意図はむしろ学者の使命を説くことにある。エマソンによれば、学者は「本の崇拝者」であることをやめ、内部に宿る「活動的な魂」だけを信頼して、ひたすら万象の奥に潜む「至高の霊」の発見に精励すべきで、「本は学者の余暇のためにある」とさえ彼はいいきっている。[酒本雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アメリカの学者の関連情報