コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アモルファス物質 アモルファスぶっしつamorphous substance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アモルファス物質
アモルファスぶっしつ
amorphous substance

固体物質は原子 (分子・イオン) から構成されており,原子の配列が規則的なものを結晶と呼ぶのに対し,その配列に規則性を欠き,きちんとした外形を呈さないものを,アモルファス (非晶質あるいは無定形) 物質という。アモルファスの元の意味は「外形を示さない」。この物質は,高温融体 (あるいは気体) を1秒間に 100万℃という超高速で瞬間冷却することにより,液体状態と同じばらばらな原子配列に凍結することで作製できる。その構成元素の種類により,アモルファス金属 (合金) ,アモルファス半導体と呼ばれ,アモルファスシリコンは太陽電池として実用化されている。アモルファス金属は,高速回転する金属 (銅) ロールに溶融金属を吹き付ける回転ロール法,冷媒液中に噴出させる液中紡糸法などで作られ,結晶とは異なり,物性に方向性がないので,粘り強い,硬い,腐食に強いなどの特徴がある。しかし,アメリカでは変圧器用の鉄芯 (しん) 材として用いられるのに対し,日本では優れた磁気特性 (軟磁性) を主として電子機器の磁気ヘッドなどに応用している。このため特許を持つアメリカのアライド・ケミカル社は日米政府間協議を通じてアメリカ方式での普及を要求,日本側の譲歩を引き出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アモルファスぶっしつ【アモルファス物質】

結晶のような規則正しい原子配列をもたない固体物質。通常の結晶性物質とは異なる特性があり、半導体・磁性体・高強度材料などとして利用する。非晶質。無定形物質。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アモルファス物質
あもるふぁすぶっしつ
amorphous substance

無定形あるいは非晶質物質と同義であるが、電子材料、磁性材料についてはアモルファスとよぶことが多い。通常の測定では結晶として観測できないほど微細な結晶粒の集合体で、構成粒子が微細なために、通常の結晶性物質ではみられない特異な物理・化学的性質を発現することがある。半導体、磁性体、金属材料などにそのような例が多くみられる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアモルファス物質の言及

【固体】より

…物質は,原子,分子が集まってできたものであるが,固体とは,液体,気体とともに物質のとる三つの集合状態の中の一つの形態である。われわれにとってもっとも身近な水についていえば,氷,水,水蒸気は同じ分子からなる固体,液体,気体の状態の呼名である。水を冷却すれば氷になる,あるいは炭酸ガスを圧力を上げて低温にすればドライアイス(固体)になるように,通常,液体または気体の状態で温度を下げたり,圧力を上げたりすると固体になる。…

※「アモルファス物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アモルファス物質の関連キーワードシュヒトマン無定形物質準結晶

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android