コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤボラ(英語表記)Fusitriton oregonensis; Oregon triton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤボラ
Fusitriton oregonensis; Oregon triton

軟体動物門腹足綱フジツガイ科。高 12cm,殻径 6cm。殻は紡錘形塔は円錐形状に高くなり,螺層は 10階,縫合は深い。体層は大きく丸みがあり,水管が短く突き出る。殻表は白く,螺肋と縦肋とが交ってあらい格子目状となり,その上を黄褐色のあらくて厚い殻皮がおおっている。殻口は卵円形で白く,短い水管溝がある。ふたは卵形で黒褐色。肉は食用とされるが,多少えぐいのでエゴツブともいう。土佐湾以北の太平洋岸と兵庫以北の日本海岸から北海道,ベーリング海を経てアメリカ・カリフォルニア州まで分布する。北方では潮間帯から水深 10mほどの浅海の岩礫底にすむが,本州中部以南では水深 200mほどの大陸棚上にすむ。また,相模湾以南に分布する型をカブトアヤボラと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤボラ
あやぼら / 綾法螺
Oregon triton
[学]Fusitriton oregonensis

軟体動物門腹足綱フジツガイ科の巻き貝。殻高130ミリメートル、殻径70ミリメートルぐらいの紡錘形。殻は白色でもろく、その上は暗黄褐色の厚い毛状をした殻皮に覆われる。殻口は白く卵円形で、水管はやや長い。蓋(ふた)は卵形で黒褐色。肉は白色で食用になるがおいしくない。本州の相模(さがみ)湾以北から三陸、北海道を経てアリューシャン列島、アラスカ、さらに北アメリカ西岸の潮間帯下から100~800メートルの水深に分布する。ツブ籠(かご)漁業で混獲され、ケツブとかエゴツブとかよばれる。本種に似たカブトアヤボラは相模湾から土佐湾の水深200メートル付近に分布し、殻の彫刻が粗く、殻表に褐色の螺条(らじょう)が1本ある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android