コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラン島 アランとう Arran

3件 の用語解説(アラン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラン島
アランとう
Arran

イギリススコットランド西部,クライド湾最大の島。ノースエアシャーに属する。長さ約 30km,幅約 15km,面積約 430km2。西側はキルブラナン海峡によってキンタイア半島と,北東はビュート海峡によってビュート島と隔てられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アラン‐とう〔‐タウ〕【アラン島】

Isle of Arran》英国スコットランド南西部、クライド湾に浮かぶ島。中心となる町はブロディック。本島とは連絡航路で結ばれる。観光業が盛んで、スコッチウイスキーやビールの産地としても知られる。先史時代環状列石バイキング時代の遺跡、ハミルトン公爵の居城ブロディック城などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラン島
あらんとう
Arran

イギリス、スコットランド南西部の島。クライド湾上に位置し、南北34キロメートル、東西17キロメートル、面積約430平方キロメートル。人口約4000。自然がよく保存されている山がちの島で、最高峰はゴート・フェル山(874メートル)。風光明媚(めいび)な観光地で、シカの生息する広大な森が広がる。巨石文化の石塚、立石、環状列石群がみられるほか、バイキング時代の遺跡がある。島東岸のブロディックとスコットランドのアルドロッサンの間にはフェリーの便(約1時間)がある。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラン島の関連キーワードマル島ジュラ島ビリエドリラダンアイラ島イーズデール島シール島バラ島ハリス島ベンベキュラ島ルイス島

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラン島の関連情報