コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラン島 アランとうArran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラン島
アランとう
Arran

イギリススコットランド西部,クライド湾最大の島。ノースエアシャーに属する。長さ約 30km,幅約 15km,面積約 430km2。西側はキルブラナン海峡によってキンタイア半島と,北東はビュート海峡によってビュート島と隔てられる。風光明媚で,島内には数多くの保養地があり,夏季には海水浴,ボート,釣り,ハイキングなどの行楽客でにぎわう。東岸にある中心集落ブロディックとスコットランド本土のアードロッサン港の間に定期船が就航。人口 5058(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アラン‐とう〔‐タウ〕【アラン島】

Isle of Arran》英国スコットランド南西部、クライド湾に浮かぶ島。中心となる町はブロディック。本島とは連絡航路で結ばれる。観光業が盛んで、スコッチウイスキーやビールの産地としても知られる。先史時代の環状列石やバイキング時代の遺跡、ハミルトン公爵の居城ブロディック城などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラン島
あらんとう
Arran

イギリス、スコットランド南西部の島。クライド湾上に位置し、南北34キロメートル、東西17キロメートル、面積約430平方キロメートル。人口約4000。自然がよく保存されている山がちの島で、最高峰はゴート・フェル山(874メートル)。風光明媚(めいび)な観光地で、シカの生息する広大な森が広がる。巨石文化の石塚、立石、環状列石群がみられるほか、バイキング時代の遺跡がある。島東岸のブロディックとスコットランドのアルドロッサンの間にはフェリーの便(約1時間)がある。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラン島の関連キーワードシング(John Millington Synge)リーアム オフレアティマクミラン(出版社)アイル・オブ・アランジョン・M. シングマクリームーア立石海へ騎り行く人々アランセータービュートシャーオフレアティアラン諸島農民文学アラン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android