アリカンテ(英語表記)Alicante

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリカンテ
Alicante

スペイン南東部,バレンシア州,アリカンテ県の県都。アリカンテ湾に面し,バレンシアの南約 125kmに位置する港湾都市。前 201年にローマ人が占拠し,718~1249年はムーア人が支配した。石油化学,化学,繊維工業のほかワイン,煉瓦,タイル,アルミ製家庭用品などの製造業がある。気候は温暖で避寒客が多い。鉄道はバレンシアや内陸部のアルバセテ,マドリードと連絡。バレアレス諸島,南フランス,イタリア,アルジェリアと航路,空路で結ばれる。ベナカンティルの丘,サンタバルバラの砦が市街地を見おろす。バロック様式の市庁舎,聖マリア聖堂,ルネサンス様式の聖ニコラス聖堂などがある。人口 26万 1255 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリカンテ【Alicante】

スペイン南東部,アリカンテ県の県都。人口25万8004(1987)。地中海に面した保養地で,老後の生活を営む人が多く,夏はリゾート客でにぎわう。マドリードから最短距離の積出港で,石油精製,化学工業も進んでいる。内戦中,ファランヘ党の創設者プリモ・デ・リベラが投獄,処刑された所で,この都市も共和国政府側につき,フランコ反乱軍に投降した最後の都市として知られる。【宮川 智恵子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリカンテ
ありかんて
Alicante

スペイン南東部、バレンシア地方アリカンテ県の県都。人口28万4580(2001)。地中海に面し、マドリードの南東約400キロメートルに位置する。新カスティーリャ地方第一の輸入港で、港湾設備も整い、石炭、木材、食料など、年間約80~90万トンが輸入される。輸出はワイン、果実、オリーブ油など。国際空港もあり、まっすぐな道路が碁盤目状に走る近代的な都市。肥料、たばこ、アルミニウムなどの工業と、イワシを主とした漁業が行われる。年間を通じて温暖で、海水浴場、避寒地としても有名。
 古代ローマの植民地ルセンツムLucentumに由来し、713年にはムーア人に占領された。1265年アラゴン王が奪い返し、1709年にはフランス軍に包囲された。1936~1939年のスペイン内戦では共和派が支配した。背後を取り巻く丘陵地の山腹には旧市街を囲む城壁がみられ、北東の丘陵上にサンタ・バーバラ城がある。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アリカンテの関連情報