コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリクイ アリクイ Myrmecophagidae; anteater

3件 の用語解説(アリクイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリクイ
アリクイ
Myrmecophagidae; anteater

貧歯目アリクイ科の動物の総称。オオアリクイコアリクイ,オナガコアリクイヒメアリクイの4種が含まれる。体長 15~120cm。口が小さく,歯はまったくなく,長い舌でアリやシロアリなどを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アリクイ

貧歯目アリクイ科の哺乳(ほにゅう)類4種の総称。メキシコ南部〜アルゼンチン北部,トリニダード島に分布。歯がなく,アリ,シロアリを細長い舌でなめて食べる。オオアリクイが最も普通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリクイ
ありくい / 蟻食
anteater

哺乳(ほにゅう)綱貧歯目アリクイ科に属する動物の総称。同科Myrmecophagidaeにはオオアリクイ属1種、コアリクイ属2種(キタコアリクイ、ミナミコアリクイ)、ヒメアリクイ属1種の3属4種が含まれ、中央・南アメリカの草原や森林地帯にすむ。
 体の大きさはオオアリクイが体長1~1.3メートル、尾長65~90センチメートル、体重18~39キログラム、もっとも小さなヒメアリクイでは体長15~23センチメートル、尾長17~35センチメートル、体重370~450グラムほどである。耳はいずれも小さくて丸い。尾は長く、オオアリクイでは長い毛で覆われ、コアリクイ、ヒメアリクイでは短い毛で覆われていて、木の枝などに巻き付けることができる。また、いずれも前身をおこし、尾で体を支えることができる。前肢に4本、後肢に5本ある指のつめは長くて鋭く、とくに前肢の第3指のものは顕著で、シロアリの巣を崩すだけでなく、武器として役だっている。オオアリクイは歩くときに前肢の背面をつけるが、コアリクイでは地上を走るときだけみられる。
 貧歯目の他科(アルマジロ科、ナマケモノ科)と異なり、歯はまったくなく、頭骨は長く伸び、口先は小さく円筒状で、先端は小さく、長い舌が出入りする。舌には粘着性の唾液(だえき)がつき、餌(えさ)となるアリやシロアリを付着させて飲み込む。唾液を分泌する唾腺(だせん)は大きく胸まで達し、一部が口の近くに開孔している。胃は単一で筋肉に富み、盲腸は小さい。嗅覚(きゅうかく)の発達はよく、実験では人間の40倍の能力があるという結果があるが、視覚と聴覚は弱い。
 オオアリクイは地上性で日中も夜間も活動するが、コアリクイとヒメアリクイは樹上性でおもに夜間活動する。いずれも群れをつくることはなく、単独か親子で生活する。餌はシロアリ、アリ、甲虫の幼虫などで、飼育下では卵黄、牛乳、ひき肉、ウシの肝臓、ドッグフードなどを使用する。妊娠期間はオオアリクイで190日、1産1子で、子は親の背にしがみついて運ばれる。寿命はオオアリクイの飼育例では19年であるが、野生の状態ではよくわかっていない。[齋藤 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリクイの関連キーワードオオアリクイ大蟻食黒大蟻山蟻蟻食袋蟻食陸亀日本平動物園アリクイ(蟻喰)フクロアリクイ(袋蟻喰)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリクイの関連情報