コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリスイ アリスイ Jynx torquilla; Eurasian wryneck

3件 の用語解説(アリスイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリスイ
アリスイ
Jynx torquilla; Eurasian wryneck

キツツキ目キツツキ科。全長 18cm。背面と上面は灰褐色で細かい明暗色の横斑があり,後頭部から背にかけて黒色の縦線が 1本走っている。腹部は淡い黄褐色の地色に黒褐色の横斑がある。全体として非常に地味な羽色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アリスイ

キツツキ科の鳥。翼長8cm。背面は灰色で褐色の虫食状斑がある。首をよく回転させる習性がある。ユーラシア大陸の中北部に繁殖分布する。日本では北海道で繁殖し,本州以南には秋に渡来。
→関連項目キツツキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリスイ
ありすい / 蟻吸
wryneck
[学]Jynx torquilla

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。小形種で全長約18センチメートル。日本からシベリアヨーロッパにかけて広く繁殖し、冬には南へ渡る。日本では東北地方北部と北海道で繁殖し、冬は本州以南に渡る。嘴(くちばし)が弱く樹幹に巣穴を掘ることができず、尾羽の羽軸は硬くなく、樹幹に留まることがほとんどないなどの点でキツツキとしては変わり者であり、キツツキ類の祖先型に近いのではないかと考えられる。近縁種はアフリカに1種あるだけで、この2種でキツツキ科のアリスイ類を構成する。和名は、地上に降りてアリを食べることが多いことに由来するという。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリスイの関連キーワードコゲラ啄木鳥五月躑躅寺啄小啄木鳥奥伊勢木つつ木館アリスイ(蟻吸)キタタキ(木啄)キツツキ(啄木鳥)ハシジロキツツキ(嘴白啄木鳥)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリスイの関連情報