コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリーガル アリーガルAlīgarh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリーガル
Alīgarh

インド北部,ウッタルプラデーシュ州西部の商業都市アリーガル県の行政庁所在地デリーの南東約 129kmに位置。市街は西側のコイル呼ばれる商業地区と,東側のアリーガル城址を中心とする地域から成る。コイルの発祥は古いが,城は 16世紀初期に造られ,多くのイスラム寺院は,18世紀初期の建設である。周辺の農産物バターが取引され,金属細工,カーペット製造が行われる。 1875年創立のアリーガル大学があり,イスラム思想合理化をめざすアリーガル運動が最初に展開された。人口 47万 9978 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アリーガル

インド,ウッタル・プラデーシュ州西部の都市。農産物交易,鉄道の要地。アリーガル・ムスリム大学(1875年創立,1921年改称)はインド・イスラム教徒の近代ナショナリズム(アリーガル運動)の母体で,インドにおけるイスラム文化研究の中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリーガル【Alīgarh】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州西部,首都ニューデリーの南東約130kmに位置する同名県の県都。人口48万1000(1991)。古くはコイルKoilと呼ばれた古代起源の都市で,12世紀にイスラム教徒の支配下に入って以降,その文化的伝統を守り続ける。1524年の建設といわれるアリーガル城は,今も市街の北郊に残り,多くのモスクが参拝客を集める。1875年創設のアリーガル・ムスリム大学は,独立後もイスラム文化研究の中心的機関として発展している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリーガル
ありーがる
Aligarh

インド北部、ウッタル・プラデシュ州西部の都市。デリーの南東110キロメートルに位置する。アリガル、アリガーともいう。人口66万7732(2001)。インドにおけるイスラム勢力の中心地的存在で、地主、役人にもイスラム教徒が多い。1875年創立のアリーガル・ムスリム大学は、イスラム文化活動の指導的地位にある。小麦、キビ、サトウキビ、綿花などの集散地であり、加工地でもある。鍵(かぎ)の特産地としても名高い。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリーガルの関連情報