コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ土壌 アルカリドジョウ

4件 の用語解説(アルカリ土壌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルカリ‐どじょう〔‐ドジヤウ〕【アルカリ土壌】

塩類を多量に含み、アルカリ性反応を示す土壌。主として乾燥地帯に分布。アルカリ土

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルカリ土壌【アルカリどじょう】

ナトリウムに富む強アルカリ性(pH8.5以上)の土壌。大陸温帯の乾燥気候下の塩類集積した低地に多く発達し,土壌型名はソロネッツ土。下層は粘土,腐植が集積し暗色で緻密(ちみつ),かわくと収縮して特徴的な柱状構造を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

アルカリ土壌

アルカリ性土壌(alkali soil)と同義に用いられるが,pHが8.5以上の強アルカリ性を示すか,または交換性ナトリウムを交換容量の15%以上含む土壌,あるいは大部分の作物の生育が阻害されるような多量のナトリウムを含む土壌をアルカリ土壌と呼ぶことがある[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルカリどじょう【アルカリ土壌 alkali soil】

土壌反応pH8.5以上の強いアルカリ性を呈する土壌,または交換容量(土壌が吸着しうる交換性イオンの合量)の15%以上を交換性ナトリウムで占める土壌をいう。大陸温帯の年間降雨量が600mm以下の乾燥気候下の塩類集積した低地によくみられる土壌で,日本には分布しない。土壌表面に析出した塩類はナトリウムの炭酸塩,重炭酸塩から構成されていることが多く,植物の生育はきわめて悪い。そのため,作物栽培を行うには土壌改良が必要で,セッコウ(硫酸カルシウム)資材を施用し,交換性ナトリウムをカルシウムで置換する方法がよくとられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルカリ土壌の関連キーワードアルカリ性食品アルカリ性土壌アルカリ植物アルカリ性アルカリ性肥料アルカリ度アルカリ性洗剤アルカリ性デタージェントアルカリ性のアルカリ性マグマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルカリ土壌の関連情報