アルカリ土壌(読み)アルカリドジョウ

百科事典マイペディアの解説

アルカリ土壌【アルカリどじょう】

ナトリウムに富む強アルカリ性(pH8.5以上)の土壌。大陸温帯の乾燥気候下の塩類集積した低地に多く発達し,土壌型名はソロネッツ土下層は粘土,腐植が集積し暗色で緻密(ちみつ),かわくと収縮して特徴的な柱状構造を示す。多くの植物は生育できない。土壌改良には多量の灌漑(かんがい)により脱塩化させる。日本には分布しない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

アルカリ土壌

アルカリ性土壌(alkali soil)と同義に用いられるが,pHが8.5以上の強アルカリ性を示すか,または交換性ナトリウムを交換容量の15%以上含む土壌,あるいは大部分の作物の生育が阻害されるような多量のナトリウムを含む土壌をアルカリ土壌と呼ぶことがある[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルカリどじょう【アルカリ土壌 alkali soil】

土壌反応pH8.5以上の強いアルカリ性を呈する土壌,または交換容量(土壌が吸着しうる交換性イオンの合量)の15%以上を交換性ナトリウムで占める土壌をいう。大陸温帯の年間降雨量が600mm以下の乾燥気候下の塩類集積した低地によくみられる土壌で,日本には分布しない。土壌表面に析出した塩類はナトリウムの炭酸塩,重炭酸塩から構成されていることが多く,植物の生育はきわめて悪い。そのため,作物栽培を行うには土壌改良が必要で,セッコウ(硫酸カルシウム)資材を施用し,交換性ナトリウムをカルシウムで置換する方法がよくとられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アルカリ‐どじょう ‥ドジャウ【アルカリ土壌】

〘名〙 ナトリウム、マグネシウム、カルシウムなどを含み、アルカリ性を示す土壌。アルカリ性が強くなると、一般の作物は育たない。日本での分布は少ない。⇔酸性土壌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルカリ土壌の関連情報