アルタクセルクセス[1世](英語表記)Artaxerxēs I

世界大百科事典 第2版の解説

アルタクセルクセス[1世]【Artaxerxēs I】

アケメネス朝ペルシア帝国の王。在位,前465‐前424年。〈マクロケイル(長い手)〉の名で知られる。暗殺された父クセルクセス1世のあとをついで即位し,宮廷内の陰謀を打倒した。治世初期におこったエジプト反乱は,アテナイがエジプトを支援したために長期化したが,スパルタに資金を提供してアテナイを牽制し,前454年に鎮圧。前449年のカリアスの和約により,アテナイとの関係を調整した。亡命してきたテミストクレスを王の友人として厚遇したことは有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルタクセルクセス[1世]の言及

【ペルシア帝国】より

…それと同時に専制政治の弊害も現れはじめ,クセルクセスは親衛隊長らの宮廷陰謀によって殺された。続くアルタクセルクセス1世の治世前期にエジプトが反乱を起こし,アテナイと結んでペルシアに抵抗した。しかし,前454年に反乱は平定され,ペルシア戦争以来続いたアテナイとの敵対関係も〈カリアスの和約〉(前449)によって一応の解決をみたので,帝国の平和は維持された。…

※「アルタクセルクセス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android