コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルティン Emil Artin

4件 の用語解説(アルティンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アルティン【Emil Artin】

1898~1962) 数学者。ウィーン生まれ。ドイツ・アメリカなどで活動。高木貞治の類体論に一般相反法則を付け加えて完成。位相幾何学の「組み紐の理論」などの業績を残す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アルティン

オーストリアの数学者。ウィーンで生まれ,ライプチヒ大学で1921年に学位を取得。ゲッティンゲン大学を経て1923年からハンブルク大学。1937年に米国に渡り,1946年にプリンストン大学に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルティン【Emil Artin】

1898‐1962
オーストリアの数学者。ウィーンで生まれ,ボヘミア(現,チェコスロバキア領内)で育ち,ライプチヒ大学で1921年に学位を得た。ゲッティンゲン大学で1年を過ごした後,23年からハンブルク大学に移り,37年にアメリカに渡り,ノートルダム大学インディアナ大学を経て,46年にプリンストン大学に移った。58年にドイツへ帰り,世を去るまでハンブルク大学で教えた。数学的業績は多様である。代数体のガロア拡大に関するアルティンL関数(ディリクレのL関数の一般化)を導入し,代数体のアーベル拡大の一般相互法則と呼ばれるものを証明し,高木貞治の築いた類体論を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルティン
あるてぃん
Emil Artin
(1898―1962)

ウィーン生まれの数学者。20世紀前半におこった「抽象数学」の先駆者の一人。その方法により、数論、トポロジーなどの分野に大きな足跡を残した。数論では「一般相互法則」を証明して、高木貞治(ていじ)による「類体論」を完成した。トポロジーでは「結び糸の理論」を創始した。1926年よりハンブルク大学教授、1937年ナチスに追われてアメリカに渡り、1946~1958年プリンストン大学教授、1958年ドイツに帰り、ふたたびハンブルク大学で教鞭(きょうべん)をとった。この間、1955年(昭和30)には、東京と栃木県日光で開かれた代数的数論についての国際会議に参加し、数論上の研究を報告するとともに、結び糸についての一般講演を行った。[彌永昌吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルティンの言及

【ロシア】より


[貨幣制度]
 度量衡はロシア革命後の1918年からメートル法を採用しているが,それ以前は表のような単位を用いていた。 貨幣の単位は18世紀以来一貫して1ルーブルrubl’=100コペイカkopeikaの単位を用いてきたが,鋳造された銅貨や銀貨について,たとえば3コペイカ銅貨がアルティンaltyn,5コペイカ銅貨がピャタチョークpyatachok,10コペイカ銀貨がグリベンニクgrivennikと呼ばれるなど,それぞれに異名があった。1769年からアシグナーツィアassignatsiyaと呼ばれる紙幣が発行されたが,その価値は基準貨幣である銀貨に対して下落しつづけ,1812年には4紙幣ルーブル=1銀ルーブルに換算された。…

※「アルティン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アルティンの関連キーワードみかんぐみ社会小説青森(市)角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学火成角礫岩LO写生文

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルティンの関連情報