アルント(英語表記)Arndt, Ernst Moritz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルント
Arndt, Ernst Moritz

[生]1769.12.26. ショーリツ
[没]1860.1.29. ボン
ドイツの歴史家,愛国詩人。カント,フィヒテの影響を受け,1806年グライフスワルト大学の教授となったが,国民精神の高揚を目指した『時代の精神』 Geist der Zeit (1806~18) の第1部がナポレオンの忌諱に触れ,ストックホルムに逃亡,同地で反ナポレオンの雑誌を発行。 13年帰国し,自由戦争をたたえた愛国歌を多数つくった。 18年ボン大学教授。ほかに自伝『外面生活の思い出』 Erinnerungen aus dem äusseren Leben (40) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルント【Ernst Moritz Arndt】

1769‐1860
ドイツの愛国詩人,歴史学者。リューゲン島の解放農奴の子。1800年よりグライフスワルト大学で歴史学を担当。ナポレオン軍のドイツ侵攻に伴い,反仏感情をこめた《時代の精神》(1806‐18)をもってドイツ人の民族意識を代弁し反響を呼ぶ。12年にシュタイン男爵の秘書となる。対ナポレオン解放戦争では,詩集《ドイツ人のための歌》(1813)が広く愛唱された。15年,雑誌《番人たち》を創刊,ウィーン会議による反動体制を批判する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルント
あるんと
Ernst Moritz Arndt
(1769―1860)

ドイツの愛国詩人、著述家。12月26日リューゲン島の小農民の家に生まれる。グライフスワルト大学、ついでイエナ大学のフィヒテのもとで神学を修め、のちグライフスワルト大学歴史学教授となった。主著『時代の精神』4巻(1806~1818)の熱烈な民族主義とナポレオン批判がもとでスウェーデンへ、さらにシュタインとともにロシアへ亡命。その間多くの愛国詩、論説によってドイツ国民意識の高揚に努め、ナポレオンのドイツ支配に反対して闘った。解放戦争(1813~1814)後ボン大学歴史学教授となったが、1820年ブルシェンシャフト運動に関与したとして免職され、のちに復職した。1848年フランクフルト国民議会議員に選ばれ、小ドイツ主義者として活動した。1860年1月20日死去。[岡崎勝世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルントの関連情報