コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレッピー アレッピー Alleppey

3件 の用語解説(アレッピーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレッピー
アレッピー
Alleppey

インド南西部,ケララ州南部の港湾都市アレッピー県の行政庁所在地アラビア海に面し,コーチンの南約 50kmに位置。 18世紀末に海外貿易のためイギリスにより築港されてから,アラビア海とベンバナード湖間の狭小な砂州上に市街が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アレッピー(Alleppey)

インド南部、ケララ州の都市。コーチの南約60キロメートルに位置し、アラビア海と潟湖(せきこ)のベンバナード湖と運河で結ばれる。「東洋のベニス」ともいわれる水郷地帯であり、観光客に人気がある。周辺はココナツ産業が盛んで、コプラなどの積出港がある。アラップーラ。アレピー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アレッピー【Alleppey】

インド南部,ケーララ州南部の港湾都市。人口17万5000(1991)。前面にアラビア海,背面に同州の内陸水運路として重要な南北80kmに及ぶラグーンに臨み,古くから北のコーチン,南のクイロンとともにマラバル海岸南部の港市として栄えてきた。しかし現在では港深は浅くなり,昔日の繁栄を失った。地元産のココヤシ,その加工品であるコプラロープマット,木材などを移出し,これらの加工業をもつ。【応地 利明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アレッピーの関連キーワードカターカリカンディコインバトールコーチンジーロングムンドゥ伽耶グディニアコージコードマラガワイン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone