アレッピー(英語表記)Alleppey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレッピー
Alleppey

インド南西部,ケララ州南部の港湾都市。アレッピー県の行政庁所在地。アラビア海に面し,コーチンの南約 50kmに位置。 18世紀末に海外貿易のためイギリスにより築港されてから,アラビア海とベンバナード湖間の狭小な砂州上に市街が発達。港は,沖合い 1.6kmにある堤防で守られ,季節風の激しい夏季を除き利用できる。ココナッツ油,ココヤシ繊維を用いたマットやロープ製造の小工場が多く,コプラ積出しが盛ん。黒コショウも産する。人口 17万 4606 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アレッピー(Alleppey)

インド南部、ケララ州の都市。コーチの南約60キロメートルに位置し、アラビア海と潟湖(せきこ)のベンバナード湖と運河で結ばれる。「東洋のベニス」ともいわれる水郷地帯であり、観光客に人気がある。周辺はココナツ産業が盛んで、コプラなどの積出港がある。アラップーラ。アレピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アレッピー【Alleppey】

インド南部,ケーララ州南部の港湾都市。人口17万5000(1991)。前面にアラビア海,背面に同州の内陸水運路として重要な南北80kmに及ぶラグーンに臨み,古くから北のコーチン,南のクイロンとともにマラバル海岸南部の港市として栄えてきた。しかし現在では港深は浅くなり,昔日の繁栄を失った。地元産のココヤシ,その加工品であるコプラ,ロープ,マット,木材などを移出し,これらの加工業をもつ。【応地 利明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android