アンガラ大陸(読み)アンガラタイリク

デジタル大辞泉の解説

アンガラ‐たいりく【アンガラ大陸】

古生代ウラルからシベリア地域に存在した大陸先カンブリア時代から古生代前半にかけて、ゴンドワナ大陸や北アメリカとともにパンゲアを形成。のちにテチス海出現にともない、ゴンドワナ大陸と分かれた。アンガラ植物群とよばれる植物化石によって特徴づけられる。シベリア大陸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンガラ大陸【アンガラたいりく】

古生代にウラルからシベリア地域に存在していた大陸で,西のヨーロッパ大陸,アメリカ大陸,南のゴンドワナ大陸とは海によって隔てられていた。古生代後期にはアンガラ植物群と総称される植物化石の分布範囲として知られている。
→関連項目テチス海

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンガラたいりく【アンガラ大陸 Angara land】

古生代後期のアンガラ植物群Angara floraが分布したウラル地方から沿海州にいたる広大な地域を,南半球グロッソプテリス植物群で特徴づけられたゴンドワナ大陸と対立させてアンガラ大陸と呼んでいる。先カンブリア時代から古生代前半では両大陸や北アメリカ,ヨーロッパの各大陸が一つの超大陸(パンゲア)を形成していた。テチス海ができローラシア大陸とゴンドワナ大陸とに大きく分かれたのは古生代後半から中生代にかけてであり,古地磁気などの測定から大陸の分裂・移動が推定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android