アングロ・サクソン語(読み)アングロ・サクソンご

百科事典マイペディアの解説

アングロ・サクソン語【アングロサクソンご】

ほぼ700年―1100年ごろの英語古英語とも。ジュート人,サクソン人,アングル人がグレート・ブリテン島に定着してからノルマン・コンクエストまでの言語。屈折の豊かな語形変化が特徴で,ラテン系借用語は少ない。ノーサンブリア,マーシア,西サクソン,ケントの4方言に区分される。叙事詩《ベーオウルフ》が代表的文献。→アングロ・サクソン人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アングロ・サクソン語
あんぐろさくそんご

アングロ・サクソン人がグレート・ブリテン島に渡ったのは5世紀中ごろからであるが、記録に残る最古の英語は700年ごろのものである。そのころから1100年ごろまでの英語をアングロ・サクソン語というが、今日では古英語Old Englishというのが普通である。北部のノーサンブリア方言Northumbrian、中部のマーシア方言Mercian、南西部のウェスト・サクソン方言West Saxon、南東部のケント方言Kentishの4方言に分けられ、前二者をまとめてアングリア方言Anglianとよぶ。
 現存する文献の大部分はウェスト・サクソン方言のものである。8世紀末以降のスカンジナビア人の侵略によって、北部、中部の文献の多くが失われたからである。すでに9世紀前半にウェセックス王国の勢力がイギリス全土に及ぶようになるが、9世紀後半にアルフレッド大王がスカンジナビア人を撃退して学芸の復興に努めるとともに、ウェスト・サクソン方言は標準的文語の地位を獲得した。ラテン語からの翻訳、年代記編纂(へんさん)が行われ、アングリア方言で書かれていた詩もこの方言に転写された。しかし近代標準英語はその直系ではなく、アングリア方言の特徴を多く受け継いでいる。アングロ・サクソン語は現代英語と発音も大いに異なり、屈折が豊富でドイツ語に似ている。また語彙(ごい)はほとんどゲルマン系で、後の時代と比較すると、外来語は非常に少ない。[小野 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android