コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチ・ダンピング法 アンチ・ダンピングほう Anti-dumping Act

1件 の用語解説(アンチ・ダンピング法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチ・ダンピング法
アンチ・ダンピングほう
Anti-dumping Act

適正コストを下回る値段で販売するダンピング行為を禁じるアメリカの法律。最初のアンチ・ダンピング法は,1916年に制定され,ある商品を生産国の市場価格よりも実質的に低い価格でアメリカ国内に輸入・販売することにより,アメリカ産業に損害を与え,産業発展の阻害要因となったり,取引制限や独占となる場合には,これを違法とし,刑事罰を科し,被害者は損害賠償を請求できるとしていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンチ・ダンピング法の関連キーワードコスト割れソーシャルダンピングピストンピンアンチダンピング関税ダンピングマージンアンチダンピング茶流彩彩 さんぴん茶シャルダンエースメタルダンパークウォート

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone