コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティオコス(3世) あんてぃおこすAntiochos Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティオコス(3世)
あんてぃおこす
Antiochos
(前242ころ―前187)

シリア王国、セレウコス朝の王(在位前223~前187)。セレウコス2世の次男。大王と称される。セレウコス1世以来の最大の征服者で、バクトリアとパルティアの独立によって危機に直面した東部領土に遠征し、アフガニスタンまでを回復した。第四次シリア戦争ではエジプトに破れた(ラフィアの戦い。前217)が、パニオンの戦い(前200ころ)では勝ち、シリア・パレスチナを獲得した。他方、西方に対してはマケドニア王フィリッポス5世と結んでギリシアに進出したが、ローマの東方征策と対立し、テルモピレーとマグネシアの戦いでローマ軍に破れ、アパメア協定(前188)によって小アジア以西に対する権利を失った。紀元前187年東方に遠征中、スサで原住民に殺された。[小川英雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンティオコス(3世)の関連キーワードアンティオコス(4世)アンティオコス[4世]西・南アジア史(年表)フィリッポス(5世)フィリッポス[5世]サモトラケのニケアンティゴノス朝ローマ史(年表)マケドニア戦争中東史(年表)スキピオ(大)エウフォリオンハンニバルシリア王国マニサラミア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android