コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンテナ・ショップ アンテナショップanntena shop

2件 の用語解説(アンテナ・ショップの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンテナ・ショップ
アンテナショップ
anntena shop

メーカー,流通業者外食産業業者などが新製品に対する消費者の動向やパブリシティの効果などを把握するために設ける直営方式の実験店舗。パイロット・ショップ pilot shopまたはセンサーショップ sensor shopともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

流通用語辞典の解説

アンテナ・ショップ【antenna shop】

メーカーや卸売業者が、地域性、消費動向、売れ筋商品の情報などの情報を把握、マーケティングノウハウをつくることを目的として設立した小売店舗。パイロット・ショップ、実験店舗とも呼ばれ、直営方式が一般的である。しかし、最近では単なる情報収集を目的としたものではなく、川下作戦の一環として、あるいは、プレステイジ・ストアとして、本格的な小売店経営に乗り出す例が増加している。アバレル産業、食品産業ファッション産業に多い。案内広告求人・求職、土地・家屋の販売、尋ね人などを内容とした新聞広告のうちで、標準活字を中心に、一段組みでつくられた小型の広告で、特定の紙面に一まとめにされているものをさす。広告の原型の一つであり、一行単位で広告料が計算されるため案内広告独自の凝縮した用語ができている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
流通用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンテナ・ショップの関連情報