アンデス[山脈](読み)アンデス

百科事典マイペディアの解説

アンデス[山脈]【アンデス】

南米西部,太平洋岸に沿って縦走する世界最長の山脈。全長7000kmに及ぶ。ロッキー山脈とともに南北アメリカ大陸西部を走るコルディレラ山系の一部を成す。中生代の地向斜堆積物が第三紀造山運動で褶曲(しゅうきょく)して生まれたもの。火山,地震が多い(環太平洋火山帯地震帯)。5000m以上の高峰が連なり,最高峰はアコンカグア山。全般的に熱帯・亜熱帯域にあるが気候的には高度差による垂直較差が著しく,3000mあたりの冷涼地帯で農業,畜産が行われる。縁辺部は銅,銀,スズなどに富む。ペルー南部からボリビア北部にわたるアルチプラノアンデス古代文明の中心であった。
→関連項目アドベアマゾニアアルゼンチンアンデス文明インカパタゴニアペルーボリビア南アメリカメルセダリオ[山]ユーヤイヤコ[山]ラ・パスワスカラン[山]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンデス[山脈]【Cordillera de los Andes】

南アメリカ大陸の西側を縁どる長大な山脈。トリニダード島に面するベネズエラの海岸から始まり,フエゴ島まで,地球を1/4周する1万kmもの長さを持つ。アンデス山脈を領土として持つ国は北からベネズエラ,コロンビアエクアドル,ペルー,ボリビア,チリ,アルゼンチンの7ヵ国である。ほぼ北緯10゜から始まり,赤道を横切り,南緯55゜まで続く山脈であるから,熱帯偏東風多雨帯,亜熱帯乾燥帯,中緯度偏西風多雨帯という主要な気候帯を縦に貫いており,一口にアンデスといっても地域による気候の差は著しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android