コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドレーエフ アンドレーエフ Andreev, Leonid Nikolaevich

6件 の用語解説(アンドレーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドレーエフ
アンドレーエフ
Andreev, Leonid Nikolaevich

[生]1871.8.21. オリョール
[没]1919.9.12. フィンランド,ネイバラ
ロシアの小説家。測量技師の家に生れ,苦学しながらモスクワ大学法学部を卒業。弁護士を開業したが,うまくゆかず,学生時代から手を染めていた文筆で生計を立てはじめた。ちっぽけな人間への同情を示した『ベルガモートとガラーシカ』 Bergamot i Garas'ka (1898) がゴーリキーの目に留まり,彼の推薦で『ズナーニエ』派の文学グループに入り,『沈黙』 Molchanie (1901) ,『むかしむかし』 Zhili byli (01) をはじめ,『壁』 Stena (01) ,『霧の中』V tumane (02) ,『思想』 Mysl' (02) ,『深淵』 Bezdna (02) などの作品を矢つぎばやに発表して,20世紀初頭のロシアにおける一流小説家になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンドレーエフ
アンドレーエフ
Andreev, Vyacheslav Andreevich

[生]1890
[没]1945
ソ連の彫刻家。主要作品,1939年ニューヨーク万国博覧会のソ連館記念碑。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンドレーエフ(Leonid Nikolaevich Andreev)

[1871~1919]ロシアの小説家・劇作家。初期の写実的ヒューマニズムから厭世(えんせい)的、神秘的作風に転じた。二葉亭四迷など日本の作家にも影響を与えた。小説「沈黙」「血笑記」「七死刑囚物語」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンドレーエフ

ロシアの小説家,劇作家。20世紀初頭に革命への同情的立場からペシミズム神秘主義への道をたどる。小説に《血笑記》(1904年),《七死刑囚物語》(1908年),戯曲に《人の一生》(1907年)など。
→関連項目昇曙夢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンドレーエフ【Leonid Nikolaevich Andreev】

1871‐1919
ロシアの小説家,劇作家。ヨーロッパ・ロシア中部の町オリョールに生まれた。モスクワ大学法学部を卒業,弁護士の助手として働いている間に,新聞社から裁判記録執筆の依頼を受けたのがきっかけで作家活動に入った(1898)。ゴーリキーの推奨もあって,またたく間に流行作家となり,1905年ピークとして,当時ロシアでは最も人気のある作家のひとりであった。その作品は当初の写実的な傾向から,表現主義的ないしは象徴主義的な作風に転じていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンドレーエフ【Andrei Andreevich Andreev】

1871~1919) ロシアの小説家・劇作家。死と性をテーマに人間の存在の意味を問う小説を象徴主義的手法で描いた。革命後、亡命。小説「赤い笑い」「悪魔の日記」、戯曲「人間の一生」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンドレーエフの関連キーワードギニョール式部寮ショートホールセニョールОрёлジョージア オリジナルリョーガリョーちゃんリョービプラッツロシニョール

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンドレーエフの関連情報